行政書士の試験科目「憲法」より ~ 裁判所と司法権① 司法権の独立

行政書士の試験科目「憲法」より ~ 裁判所と司法権① 司法権の独立

行政書士試験で出題される科目のひとつである「憲法」。憲法では権力分立の考え方がとられており、「立法権」「行政権」「司法権」に分散された権力を、それぞれ「国会」「内閣」「裁判所」に与えています。今回は「司法権」の独立について解説します。

1 司法権の独立

三権分立では、立法権と行政権、司法権の3つが互いにバランスを取り合っています。しかし、司法権だけは他の2つから少し離れたところに位置しています。立法権と行政権は議院内閣制で深く結びついていましたが、司法権にはそういった制度がなく、権力の独立が認められているのです。

憲法76条第3項
すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

このように、立法権と行政権からの独立を、狭い意味では裁判官の職権の独立を認めています。

2 裁判官の良心

この場合の「良心」は裁判官の個人的なものではなく、客観的な良心のことを指しています。個人によって憲法の解釈がさまざまでも、裁判では裁判官としての考えが求められるのです。

また、前掲の76条第3項に「独立してその職権を行ひ」とあるように、裁判は立法権や行政権、司法部内の他の裁判官の指示や命令に左右されず、自分の判断に基づいて進めるものとされています。単なる指示や命令だけでなく、裁判に事実上の影響を与えるような行為も許されていません。

3 裁判官の身分

裁判官が独立して判決を下せるよう、上司や他の政治権力の言いなりにならないために、憲法では裁判官の身分を手厚く保護しています。

憲法78条第1項
裁判官は、裁判により、心身の故障のために職務を執ることができないと決定された場合を除いては、公の弾劾によらなければ罷免されない。裁判官の懲戒処分は、行政機関がこれを行ふことはできない。

憲法78条第2項
最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

行政書士カテゴリの最新記事