無権代理とは?/追認とは?

無権代理とは?/追認とは?

行政書士試験の科目の1つである民法で定められている契約の効果帰属要件ですが、本人に代わって代理人が契約を結ぶことが可能とされています。
法定代理は本人の意思ではなく直接法律の規定によって、任意代理は本人の意思に基づいて代理権が生ずるのですが、どちらにしても代理人が結んだ契約の効果は直接本人へ帰属することになります。

では、その両者とも異なる場合はどうなのでしょうか?

無権代理

たとえば、売主であるAさんと買主のBさんがいたとして、2人は不動産の売買契約を結ぼうとしていました。
しかし、Aさんが知らないうちに「自分はAの代理だ」と名乗るDさんが現れ、それを信じたBさんはDさんと契約を結んでしまいます。
本人であるAさんに代理人を立てたつもりは全くなく、Dさんが勝手に代理人を名乗っていた場合、AさんとBさんは売買契約を締結したことになるのでしょうか。

代理人が、本人のために契約を結ぶことを相手方に示すことを「顕名」と言います。
この顕名に基づいて代理人は法律行為をするのですが、その場合に代理権がないことを「無権代理」と呼び、無権代理の際は原則、本人に法律効果が帰属することはありません。

ですから、AさんがDさんのことを認めなかった場合にはAさんに売買契約の法律効果は帰属しないということです。

追認

ですが、もしも無権代理だった場合でも、本人が後から効果の帰属を認めることもあります。
これを「追認」といい、追認をした際には契約は有効になるのです。

また、相手方が無権代理人に代理権があると信じるのもやむを得ないと判断される「表見代理」の場合には、代理権がある時と同じように、本人に法律効果を帰属させることが可能になります。

上記の例の場合、原則Aさんに効果は帰属しませんが、Aさんが追認して効果帰属を認めた場合、BさんがDさんを代理人だと信じるのも無理はないとされた場合には、売買契約による効果をAさんに帰属させることが出来るのです。

行政書士カテゴリの最新記事