資格スクエア行政書士講座の特長1

資格スクエア行政書士講座の特長1

行政書士試験は、一般に難関資格とされています。合格率は10%弱で推移し、何年も試験を受けるひとも珍しくありません。
また、最近では、行政書士法の改正もあり、更に活躍の場が広がっている有望な資格でもあります。会社員でありながら行政書士資格を取得して独立、という方も珍しくありませんし、ママとして育児中に行政書士資格を取ったという女性の方も多くいらっしゃいます。
街の法律家として、行政書士の仕事は実に幅広くなっています。

ただ、資格を活かした仕事と、資格試験のための勉強は直結しません。資格を活かした仕事をしていくためには、一刻も早く資格試験に通過することが必要です。
従来の資格試験予備校の授業は、大量の授業を流すことで、隅から隅まで解説することを目指してきました。しかし、資格試験の勉強は授業だけでは終わりません。授業の復習をし、過去問の練習をする時間が必要です。そこで、資格スクエアでは授業時間をあえて従来よりも大幅に短くし、効率のよい勉強をすることを手助けしています。

資格スクエアの行政書士講座の特長は以下の3点にまとめられます。

(1)短期合格を果たした美人行政書士によるポイントを押さえた効率的な授業
(2)テキストを1つに絞ることでよりポイントを明確化。判例についても重要度をランク分けして説明を実施
(3)従来の資格試験予備校に比べて、大幅に授業料を低減。圧倒的低価格で講義を提供

 

(1)短期合格の美人行政書士講師による効率的授業

資格スクエア行政書士講座の講師は、大内容子行政書士。大内先生は、自信がたったの2か月という超短期合格者です。短期合格者には共通の特徴があり、極めて勉強の効率がよいことです。限られた時間の中で学習する以上、効率悪く学習してしまっては合格はおぼつきません。
授業時間は約70時間と従来の資格試験予備校よりは短くなっていますが、何度も聞き直すことを前提に授業が進行されており、聞き直すことでより内容が定着する内容になっています。
また、短期合格者は細かい点にとらわれず大枠の内容だけをつかむ技術に長けています。そうした技術が授業の合間合間で垣間見えますので、授業を聞いていて「なるほど」という場面によく会います。
行政書士は民法、行政法が大きなヤマですので、そうした重点科目は要所をすべて押さえる形で勉強し、商法や一般知識のような科目については、少ない時間で最低限の得点が稼げるような形で講義が展開していきます。
初学者の方、独学の方、すでに他の予備校を利用したが受験に失敗してしまった方、すべての方にとって実りある講義になっています。

↓↓↓大内容子行政書士による勉強法講座↓↓↓

うまくスケジューリングして、効率よく勉強しよう!

↓↓↓勉強のやり方を間違っている暇はない!!行政書士試験対策↓↓↓

講座のみでも、予備校+@でも、使い方自由!効率よく資格対策しよう!

行政書士カテゴリの最新記事