行政書士

行政書士

1.行政書士とは?

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者です。他人の依頼を受け、報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続き代理、遺言書等の権利義務、事実証明、契約書の作成、行政不服申立手続き代理などを行います。

 

 行政においては、福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。そして、社会生活の複雑高度化に伴い、その作成に高度の知識を要する書類が増加してきています。

 そのため、行政書士が官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、また行政においても提出された書類が正確明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益の実現の貢献に資するのが行政書士です。

 

 行政書士の業務は多様であり、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行しており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。

 

 行政書士法では、行政書士の業務を行う際には、行政書士会に入会しなければならないことが規定されています。そのため、行政書士会に入会していない行政書士は、業として行政書士の業務を行うことが禁じられています。行政書士は、登録を受けたときに、当然に登録を受けた行政書士会の会員となります。

 その逆として、行政書士は、登録を抹消されたときは、そのときに当然にその所属する行政書士会を退会するという制度になっています。

 

2.どんな業務をする?

(1)「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務

 行政書士は、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続きについて代理することを業としています。その書類のほとんどは、許認可等に関するもので、その数は1万種類を超えるともいわれています。ただ、他の法律において制限されているものについては、業務を行うことはできません。高い専門性を持つ行政書士が代理することにより、事務の迅速化等が図られ、国民の利便に貢献しています。

 

(2)「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務

 行政書士は、「権利義務に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。

 「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅という効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。

「権利義務に関する書類」のうち、主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解)、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳述書、上申書、始末書、定款等、多様な書類があります。

 

(3)「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

 行政書士は、「事実証明に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。

 「事実証明に関する書類」とは、社会生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書を言います。

「事実証明に関する書類」のうち、主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿、貸借対照表、損益計算書等の財務諸表、申述書等があります。

 

(4)その他特定業務

 行政書士法に規定する経過措置にかかる行政書士が行う社会保険労務士法第2条第1項第1号(労働及び社会保険に関する法令に基づいて申請書等(行政機関等に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、再審査請求書その他の書類を作成すること))及び第2号に掲げる事務(労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類を作成すること)があります。

 地方入国管理局長に届出を行なった申請取次行政書士が行う出入国管理及び難民認定法に規定する申請に関し、申請書、資料及び書類の提出並びに書類の提示を行うという業務もあります。

 

 行政書士法第1条の3第2項に規定する、日本行政書士連合会会則に定める研修を終了した特定行政書士が行う許認可等に関する審査請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立の手続きについて代理し、及びその手続きについて官公署に提出する書類を作成するという業務もあります。

 

3.どんなタイプの人が行政書士に向いてるの?

①好奇心と根気のある人

 行政書士の仕事の大半は書類の作成になります。

 そのため、顧客の依頼によっては、今まで経験をしたことがないような業界についても知識が必要になるという場面も多いでしょう。調べなければならないことが多く、根気強く対応していく姿勢が必要となります。

 

②正確かつスピーディーな事務処理能力のある人

 行政書士に依頼される書類には、営業許認可裁判関連の書類といった、提出期限が厳しい非常に重要な書類を扱うことも多くあります。

 また、営業の許認可や裁判関連の書類といった顧客の人生を左右するような重要な書類作成業務を行うことも多いため、責任感を持って仕事を行えることが必要です。

 そのため、書類の作成における誤字脱字といった簡易的なミスから、必要となる書類を間違えるといった顧客へ損害を与えるようなミスなどがあってはいけないため、非常に正確性を求められる仕事といえるでしょう。

 

行政書士カテゴリの最新記事