行政書士の仕事って?

行政書士の仕事って?

行政書士の仕事のイメージ

 

皆さんは、行政書士に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。 

「なんとなくかっこいい」「何をやっているのかよくわからない」「自分には関係ない職業だ」など、様々なイメージがあると思います。

 

なぜ行政書士にははこれ!といったような仕事を思い浮かべることが難しいのでしょうか。

 

それは、行政書士の仕事は個々人によって非常に多種多様だからです。ですが基本的にやることは決まっています。

どっちなんだと思うかもしれませんが、仕事としてはほとんどが「書類作成業務」です(他にも代理業務、相談業務があります)。

 

ではどうして多種多様なのかといえば、その作成する書類の種類が10000を超えるといわれているからです。

非常に扱う範囲の広い、「オールマイティーな街の法律家」として働くことができるのですね。 これが、行政書士のイメージを掴みにくくしている要因として挙げられます。 

 

では行政書士の仕事である「書類作成業務」「代理業務」「相談業務」とはいったい何なのかを以下に見ていきましょう。

 

 

今までの行政書士の仕事

 

「書類作成業務」

 

行政書士の業務内容のほとんどを占めます。主に役所に提出する書類を作るのですが、そういったものは知識がないと作れなかったり、手続きが複雑で一般の人が作成するには荷が重過ぎる場合が多くあります。

そんな時に役に立てるのが行政書士です。

お客様側からしても面倒な書類作成を早く正確に行ってくれるので、多少の出費は許容できるのです。

また取引するクライアントによっては、例えば大きな法人の設立を扱う場合もあるので、非常にダイナミックな一面もあります

 
 

「代理業務」

 

代理業務とは、お客様の代わりに役所に書類を提出することです。

今回一つの業務として代理業務を挙げていますが、実は代理業務のみを扱うことはほとんどありません。基本的には書類作成業務とセットで行われます。

今までは書類作成だけを行っていればよかったのが、作った書類をお客様の代わりに提出するまでに業務範囲が広がったということですね。以前より稼ぎやすくなっているといえるでしょう。

 

「相談業務」

 

こちらも相談業務単体で行われることはなく、基本的に書類作成業務や代理業務とセットで行われます。

相談業務というと弁護士やコンサルタントなどをイメージされる方もいらっしゃると思いますが、実は行政書士も行うことができるのです。

 

ただ、行政書士の主な仕事は書類作成であることに加え、お客様もそれを期待して相談に来るということを考えると、やはり相談業務のみでやっていくことは難しいといえるでしょう。

相談業務を無料にして、そこから顧客獲得に繋げていくといったような工夫をしている方もいらっしゃるようです。

 

 

これからの行政書士の仕事

 

行政書士の仕事を簡単に説明させていただきましたが、これからの行政書士の動向はどうでしょう。

 

一つの例として挙げられるのが、少子高齢化社会が進むことによる顧客の高齢化です。

そうなると遺言や相続等の案件が増えることが予想されるため、さらに行政書士の活躍の場が増えることが考えられます。

 

また、ドローン等書類を必要とする最新テクノロジー関連の業務も今後増えるかも知れません。

しかし一方で、インターネットが発達した現代において書類作成業務のみに力を入れているだけでは、時代の流れにうまく乗れず思うように稼げないことも確かです。

 

今の時代、インターネットで検索すれば素人でもなんとか書類を作ることができるからです。

ではどうすれば行政書士としてやっていくことができるのでしょうか。

 

それはずばり「コンサルティング能力」です。

 

書類作成に必要なのは、まず顧客の要望を正しく汲み取ることだと言えます。

相手からしっかり聞き出す能力、信頼してもらう能力、相手のほうから話してもらう能力が重要だといえるでしょう。なぜなら、そのような過程を経て作成された書類は大抵素晴らしいものであるからです。

 

これからの行政書士は、誰にも負けない専門分野を持った上で、コンサルティング能力に磨きをかけていくことが重要になってくるでしょう。

 

 

行政書士カテゴリの最新記事