行政書士の合格者ってどんな人?合格者の生の声を聞いてみた!

行政書士の合格者ってどんな人?合格者の生の声を聞いてみた!

はじめに

「現在の仕事は、やりがいもなくてあまり専門性もない」

と感じている方はぜひ行政書士の資格を取得してみませんか?

 

行政書士は国家資格で、取得することによりとても幅広い業務をおこなるようになります。

また行政書士の試験は、日本でも有数の難関の試験ではありますが、一方で司法試験と比べて幅広い年代の方が受験されています。

今回は行政書士の資格した人がどのような方法で学習し、試験に合格されたのかをまとめてみました。

 

「行政書士の資格を取得したいけどどうしたら良いかわからない」

と言う人は、必見の内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

目 次
1.行政書士とは??
2.行政書士試験の合格者の声
3.行政書士試験に合格する人に共通する特徴とは?
4.サマリー
5.まとめ

1.行政書士とは??

行政書士とは、行政書士法に基づいて、他人の依頼を受け、報酬を得て、官公庁に提出する許認可等の申請書類の作成や、提出の代理、さらに相談業務などをおこないます。

取り扱える書類の数はなんと数千種類!

その資格を活かして独立開業することも可能です。

 

(1)行政書士の業務範囲

では実際に行政書士の業務にはどのようなものがあるのでしょうか。

行政書士の業務は、かなり多岐に渡るのですが、大きく分けて個人に関する相談業務なのか、法人に関する相談業務なのかに分けることができます。

 

それぞれ見ていきましょう。

①個人に関する相談

まず個人に関する相談業務ですが、日常的なものから、限定的な分野まで、幅広く相談を請け負うことができます。

Ⅰ.遺言・相続

行政書士は、遺言に関しての様々な書類の作成を引き受けることができます。

具体的には、遺言書を作成するときのお手伝いや、遺産分割を行う作成する協議書等の作成、さらに相続する財産がどのくらいあるのかといった調査まで引き受けることが可能です。

Ⅱ.契約書

行政書士はさまざまな契約書の作成を行うことができます。

例えば、交通事故を起こった場合の手続きに使用する書類や、土地や建物等、さらにはお金などの貸し借りの時に使用する契約書類の作成も行うことができます。

Ⅲ.自動車登録

自動車に関する手続きは、県外に引越しをした場合に、自分が所有している自動車のナンバーの変更や、他人に譲ったときの名義変更など、自動車のさまざまな登録申請を所有している人に変わって引き受けることができます。

Ⅳ.日本国籍取得

外国に国籍がある方で、日本の国籍取得を希望する人がいた場合の申請(帰化申請)を行うことが可能です。

Ⅴ.土地活用

例えば、自分の所有している畑などに、家を建てたり、駐車場にしたりしたい場合だけでなく、農地を売りたいときなどに、必要なさまざまな申請手続きを代行して行うことができます。

Ⅵ.内容証明

行政書士は、内容証明郵便、公正証書等の書類作成や債権債務問題に関する諸手続きも行うことができます。

内容証明郵便とは、いつ誰から誰あてにどのような文章が差し出されたかを証明するものです。

そして公正証書は、公証人という長年法律に携わってきた法律のプロによって、証書内に書かれている内容を証明させて、法的な拘束力や強制力を持たせることにより、のりのちの個人同士の争いを防ぐ効果があります。

②法人に関する相談

法人に関する許認可の手続きは以下の通りです。

Ⅰ.外国人雇用関係

外国人を雇って働いてもらう時に必要な届出の申請手続きを代行して行います。

例えば、外国人の労働者を雇う場合、入国管理局へ申請の手続きが必要なので、これを代行して行います。

Ⅱ.法人関連手続

法人を設立する時に必要な手続きと、その代理や事業を運営していくお手伝いをすることができます。

たずさわることができる法人は、株式会社やNPO法人、医療法人、学校法人、組合など幅広く携わることが可能です。

Ⅲ.許認可申請

飲食店など自分で経営する場合など、自営業を行う際には許認可の申請が必要なのですが、この申請業務を代行して行うことができます。

飲食店の他にも、建設業、運送業、産業廃棄物、処理業、化粧品の製造、輸入販売業等の許可の申請などを経営者などに代わって行うことができます。

Ⅳ.中小企業支援

中小企業を運営していくにあたって様々なお手伝いを行うことができます。

例えば、知的資産の導入する場合や知的資産経営報告書という書類を作成する際のサポートなどが挙げられます。

Ⅴ.知的資産・知的財産

著作権があるものは文化庁というところに登録申請が必要ですので、製作者などに代わって登録の申請を行います。

また、知的財産権の保護だけでなく、啓蒙活動も行なっています。

Ⅵ.電子申請・電子調達

行政書士が「電子証明書」を有している場合、電子署名を要求される申請や届け出を電子申請手続きの代理を行うことができます。

あくまで、ここで紹介した行政書士の業務範囲は、行政書士が行える業務をおおまかに分類しただけですので、実際に担当できる業務はさらに幅広いものとなります。

(2)行政書士になるためには?

行政書士は、司法書士や弁理士、税理士と比べても、合格しやすい資格です。

また年齢制限などの受験資格も特にないので、法律の初心者でもしっかり学習をすれば合格を狙えます。

行政書士の資格を取得するには、毎年行われる行政書士試験に合格する必要がありますが、一度合格すれば有効期限はなく、更新も必要ありません。

それでは具体的に行政書士になるとどんなことができるのか確認していきましょう。

①行政書士試験のスケジュール

Ⅰ.試験の申し込み〜試験当日まで

行政書士試験は、年に1度の11月の第2日曜日に開催されます。

受験をするためには、毎年7月の末から8月の末までの申し込み期間に申し込みを済ませておく必要があります。

どんなに忙しくてもこの期間に申し込まないと、来年まで試験を受験することができません。

申し込みは郵送とインターネットどちらでも可能です。

Ⅱ.合格発表

試験が終了すると、次の年の1月下旬に合格発表があり、行政書士試験研究センターの掲示板もしくは、ホームページに結果が掲載されます。

その後、合否通知書が自宅宛に郵送され、合格者には合格証も郵送されます。また、合格証の再発行はできないため、注意しましょう。

②試験の内容について

Ⅰ.出題科目

行政書士試験の出題科目は、

  • ・「行政書士の業務に関して必要な法令等」
  • ・「行政書士の業務に関する一般知識等」

の大きく2つに分けることができます。

「行政書士の業務に関して必要な法令等」は憲法や民法、行政法、商法(会社法)、基礎法学から出題され、試験が行われる年の4月1日時点で施行されている法令に関して出題されます。

「行政書士の業務に関する一般知識等」は政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解などから出題されます。

Ⅱ.出題形式

行政書士試験は筆記試験で行われます。

「行政書士の業務に関して必要な法令等」からは、選択肢の中から回答を選ぶ選択式の問題と、40字程度の記述式で合計で46題ほど出題されます。

「行政書士の業務に関する一般知識等」は、選択式のみで14題ほど出題されます。

よって出題される問題は、「行政書士の業務に関して必要な法令等」が大半を占めています。

③合格水準は?

Ⅰ.合格に必要な点数

行政書士試験は300点満点ですが、合格するためには、180点以上(全体の6割)の点数を取る必要があります。

さらに「行政書士の業務に関して必要な法令等」は122点以上(244点満点中)、「行政書士の業務に関する一般知識等」24点以上(56点満点)の点数がそれぞれ必要です。

Ⅱ.合格率

行政書士試験の過去の合格率は以下の通りです。

※カッコ内は、(合格者数/受験者数)

  • ・平成29年度:15.7%(6,360名/40,449名)
  • ・平成28年度: 9.95%(4,084名/41,053名)
  • ・平成27年度:13.1%(5,820名/44,366名)
  • ・平成26年度: 8.27%(4,043名/48,869名)

このように行政書士の試験の合格率はおよそ10%前後であるため、難関な試験のように感じます。

しかし行政書士試験は、得点率が60%以上であれば合格するため、店員が決められているわけでもなく、受験者の上位何パーセントが合格するというわけでもありません。

また行政書士試験は、年齢や学歴、経験など関係なく誰でも受験できるため、中には法律にあまり詳しくない方も、受験されている可能性があります。

そのためしっかり勉強して受験をし、上記の点数を満たせば合格することができます。

2.行政書士試験の合格者の声

では実際に行政書士試験に合格された方々は、どのような気持ちでどのような勉強法をして合格されたのでしょうか。

ここで実際に行政書士試験に合格された3名の方の合格までの道のりをご紹介します。

(1)計画的な勉強を行い3回目の受験で合格された「岩崎直子さん」

岩崎さんは、3回目の受験で行政書士試験に合格することができました。

なぜ3回目で合格できたのか、それは「集中して勉強ができる時間を確保したこと」と、「絶対に合格するという気持ちの強さ」が大きな要因です。

①合格までの道のり

Ⅰ.結果が出なかった1,2年目

岩崎さんは法律に関しては初心者の方だったため、共通の目的を持った人と一緒に法律を学ぶことができる通学を選択されました。

しかし1年目と2年目は、仕事やプライベートとの両立がうまくできなかったことにより、残念ながら結果は伴いませんでした。

両立が難しかった理由については、

  • ・体調不良のため出席できない日があった
  • ・趣味の時間と重なってしまい復習の時間も確保できなかった

とのことでした。

Ⅱ.3年目に気持ちを入れ替えて勉強に励んだ

これではいけない!と一念発起した岩崎さんは、まず集中した勉強時間を確保するように努めました。

具体的には、勉強の計画を立て、予定より勉強が進まなかった場合は、その週で穴埋めをして、週で出来なければ付きで計画を見直しすようにしました。

勉強時間は、毎日平均で2〜3時間、週で25〜30時間の勉強時間を確保するようにされ、毎週テキストがたくさん詰まったトートバッグを抱えて図書館に通うようにされました。

この生活を支えていたのは「絶対に合格する」という強い意志でした。

②苦手な科目をどのように克服したのか

岩崎さんは苦手科目に対しても対策を行いました。

ではどのようにして克服されたのでしょうか。

Ⅰ.行政法

岩崎さんが最も苦戦していたのが、行政書士試験の得点源でもある行政法。

行政論を克服した方法は、カテゴリに分けて勉強するという学習方法でした。

具体的には、一般知識と同じように、行政法を総論(一般的法理論)、行手法(行憲法)、行訴法、地方自治法の4つのカテゴリに分類し、毎日1つずつ、それを1週間、1ヶ月と繰り返し勉強するという方法でした。

行政法だけでなく、他の法令科目についても、いくつかのテーマに分けて、1週間で1周できるように勉強した結果、得点の上昇につながりました。

Ⅱ.民法

民法の克服方法は、行政書士の問題だけでなく、司法書士や他の資格の過去問を中心に勉強されました。

しかし全てを勉強するのではなく、行政書士の試験において重要な部分のみを勉強するように意識されました。

(2)法律家になりたいという強い思いから短期間の勉強で合格された「中川幸雄さん」

中川さんは、行政書士の試験の申し込みをしてから試験の勉強を開始したため、短期間しか勉強の時間を確保することができませんでしたが、見事合格をすることができました。

合格の秘訣は、法律家になりたかったという強い気持ちと、一般知識の知識を短期間で学ぶことができたことです。

①合格までの道のり

Ⅰ.司法試験の合格を断念し、1度は法律家とは別の道へ

中川さんは、弁護士を目指して2014年まで司法試験を受験されていましたが断念され、その後は法律とは関係のない仕事をされていました。

法律家とは無縁の仕事をする毎日の中で気付いたことは、

「自分はやはり法律家になりたい」

その気持ちに気づいたとき、ちょうど行政書士試験の申し込み期間だったので、受験を申し込みました。

しかし、現職に必要な別の資格を取得する勉強のため、行政書士試験の1か月前まで何も勉強ができていない状況でした。

Ⅱ.資格スクエアを使って学習を開始

行政書士試験の1ヶ月前にもかかわらず、出題科目すらも把握されていなかった中川さん。

法令科目に関しての勉強経験はあるものの、一般知識に関しては出題されることすら知らない状況。

そして市販のテキストは 難しくて自分では解けない、ネットで見つけた講座は、試験1ヶ月前ということもあり販売してくれないという危機的な状況でした。

そんな状況の中、資格スクエアのことを知り、 試験の直前でも受付してもらえたことから、講座を受講し勉強をスタートしました。

特に一般知識の勉強は、資格スクエアの公務員試験向けの講座を活用しました。

一般知識対策の授業は、先生の行う授業が面白く印象に残るもので、この先生が作成されたオリジナルのレジュメも活用することにより、短期間で効率よく知識を身に付けることができたそうです。

②法律家になったことで希望に満ち溢れている

中川さんは1ヶ月という短い期間で法令科目だけでなく、一般知識の知識も身に付けることができたことにより、見事合格することができました。

念願だった法律家になることができたため、 希望に満ち溢れながら独立の準備をされています。

(3)独学から講座の受講に切り替えたことにより合格された「原正史さん」

原さんは、3回目の受験で行政書士試験を合格されました。

1,2回目での失敗を反省した原さんは、3回目の試験の勉強の際は、勉強の仕方を変えることにより合格することができたのです。

①合格までの道のり

Ⅰ.独学で臨んだ1,2回目の試験

原さんは、1回目と2回目の試験は独学で勉強して、受験されました。

しかしながら、1回目は一般知識の点数が足りず、2回目は記述の点数が8点しか取れなかったため、それぞれ不合格となりました。

勉強時間は、平日は2時間程度、休日は図書館に行き6〜7時間の勉強時間を確保していたにも関わらず、合格することはできませんでした。

また独学時の勉強方法は、問題の答えをただ暗記していくという方法で進めていたことに気づきました。

しかし暗記だけだと、過去問は解けてたとしても、出題形式が変わってしまうと全く解けないという事態となってしまいました。

Ⅱ.講座を取得し臨んだ3回目の試験

勉強を進めていくうちに、原さんは問題と答えをただ暗記しているだけでは点数が伸びないと感じました。

そこで、基礎や定義をもう一度最初からしっかり理解することが大事だと考えたため、独学ではなく、講座を受講して勉強しいくことを決めました。

受講する講座を選ぶ際に、最初は大手予備校の講座を検討されましたが、選べる講座の選択肢が多すぎたために、自分に合った講座を選ぶのが大変だと感じました。

様々な講座を検討していた時に、原さんは、資格スクエアの行なっている授業がとても効率的であることを知り、受講することにしました。

資格スクエアの授業は、教科に対して1つの授業で、授業の時間も1時間程度だったため、社会人として働きながらも勉強を重ねることができました。

また授業の内容も、試験のポイントを押さえた授業であったため、とても効率よく勉強でき、見事試験に合格されました。

②勉強方法で工夫したこと

Ⅰ.ノートを作らず、テキストに情報を集約

原さんは授業の板をノートにまとめずに、テキストに直接書き込むことにより、情報をテキストに集約させることにしました。

書き込み方は、テキストの余白を使ったり大きめの付箋に板書を写したりして、テキストの限られたスペースに情報を書き込めるように工夫されました。

Ⅱ.不正解を恐れず問題を解く

また原さんは、不正解を恐れることなく数多くの問題を解いていきました。

ただ闇雲に問題を解くのではなく、どの定義を用いれば解けるのか学んだ知識がどのように問われるのかを意識しながら問題を解いたそうです。

そして問題を解いた後は、その問題はテキストのどの部分が問われていたのかを確認することにより、理解を深めていきました。

この勉強法を繰り返していくことにより、 試験の直前には様々な書き込みがされたオリジナルのテキストを読み返すという勉強法が中心となり、最終的には先生の授業内容が頭の中で再現できるようになるまで、知識を深めることができました。

3.行政書士試験に合格する人に共通する特徴とは?

では行政書士試験に合格する人にはどのような共通点があるのでしょうか。

行政書士試験に合格した方々の意見をまとめてみると、2つのの共通点が見つかりました。

(1)限られた時間内で効率良く勉強

社会人として働きながら、国家資格の勉強することは簡単なことではありません。

限られた時間の中で、どのような勉強するかがとても重要ですので、時間が確保できたとしても効率的な勉強ができないと不合格となってしまいます。

①独学で勉強していくことはとても大変

行政書士試験は法令科目に関する問題が、点数の大半を占めます。

法令科目は、日頃から法律に触れていない方にとってはとても難しい分野ですので、 独学で理解を深めていくことはとても難しいです。

そこで合格されている方々は、講座を受講して、法律や行政書士試験に詳しい方に教えてもらうことにより短期間で理解を深めることができました。

また資格スクエアの授業は、行政書士試験の問題を分析し、無駄を省いた授業をおこなうため、限られた時間の勉強でも合格をすることができました。

②主体的に自分に合った勉強法を見つけること

合格している方々は主体的に勉強をしている方が多いです。

例えば岩崎さんのケースにおいては講座やテキストに頼るだけではなく、

  • ・週に確保する勉強時間と、どこまで進めるというスケジュールを組む
  • ・図書館に通うなど勉強できる環境を整える
  • ・苦手科目克服のため周りの人の勉強法を参考にする

といったような主体的な動きをされていました。

また原さんにおいては、

  • ・ 板書をノートではなく、テキストに書き写すことにより情報をテキストだけに集約させた
  • ・ 問題を解くたびに、テキストを見返したことにより、最終的にはテキストを見返すだけで復習ができるようになった

という方法をで取ることで合格されています。

このように合格されている方は、自分に合った勉強法は何か、自分には何が足りないのかをしっかり自分で考えて行動していた方が多く見受けられました。

(2)絶対に合格すると言うマインド

合格している方々の共通点は、必ず合格するという合格への「強い意欲」です。

先ほどお伝えした、主体的に学習するというのも、この合格への強い意欲がもたらした行動でであると言えます。

特に中川さんにおいては、弁護士になるという夢を一度諦めた上で、

「やはり法律家になりたい!」

という気持ちを持って、 行政書士試験に臨まれたため、短期間の勉強で合格することができました。

また岩崎さんにおいても、合格をした3回目の試験勉強の際には、 今度こそ必ず合格するという強い意志があったため、これまでの学習を反省し、行動を変え、 合格することができました。

このように、どんなんに講座を受講して専門家に教えてもらっても、合格をして行政書士になると言う気持ちがなければ、試験は合格できないと言えるでしょう。

4.サマリー

さてここまで行政書士がどんな仕事なのか、行政書士試験はどのような試験なのか、そして合格されている方々は、どのように勉強をしていたのかを見てきましたがいかがでしたでしょうか?

合格者の方々にお聞きした話などから、効率的に勉強することや、主体的に行動していくことが大事か、お分かり頂けたのではないでしょうか。

行政書士試験は、年齢性別国籍問わず受験できるので、誰でも法律家になれるという点が非常に魅力的で、合格すると幅広い業務に携わることができます。

行政書士試験は、出題される問題が法令に関するものがほとんどですが、 勉強の仕方さえ間違えなければ、取得できる資格と言えるでしょう。

5.まとめ

  • ・行政書士試験は誰でも受けることができ、誰でも法律家になれるチャンスである
  • ・試験の合格率は10%前後だが、60%以上正解すれば合格できる
  • ・限られた時間で効率的に勉強できた人が試験に合格することができる
  • ・自ら主体的に行動した人が合格する傾向にある
  • ・試験に合格するという強い気持ちがあれば誰でも資格を取得することができる

行政書士カテゴリの最新記事