独学で公認会計士試験に合格できるのか?

独学で公認会計士試験に合格できるのか?

結論から言いますとほぼ無理です。

独学のデメリットをあげてみます。 ・専門性が高いため、初学者の人にとっては専門用語がわかりにくい ・勉強法や科目別対策の情報収集が難しい ・法改正が行われたときの試験対策が難しい ・ほとんどの受験生が資格予備校を活用するために市販の教科書が少ない

なぜほとんどの受験生が資格予備校を活用しているのか?

予備校のメリットをあげてみます。 ・指導することに長けた講師がいる ・合格へのノウハウが蓄積されている ・法改正などが行われたときに要点を提供 ・答練等により自分の立ち位置が把握できる

なぜ、独学にこだわるのか?

資格試験において独学にこだわる方は少なからずいます。 一つ目はお金の面、そしてもう一つは予備校にあわせた時間がとれないという理由だからでしょう。 逆にいえば、お金の面がリーズナブルで、隙間時間で勉強ができるとしたらどうでしょうか? このように考えれば、通信教材やオンラインスクールなどは、忙しい社会人でも十分に活用できる学習法です。 独学がゼロ円で済むといっても、それで何回も試験に落ちるようでは、あなたの人生自身がリスクに侵されているといっても過言ではありません。

公認会計士カテゴリの最新記事