【公認会計士とはどんな資格?】仕事内容、年収は?

【公認会計士とはどんな資格?】仕事内容、年収は?

公認会計士とは、監査および会計に携わる専門家で、その資格は弁護士や医師と並ぶ、会計系最高峰の国家資格です。公認会計士の業務は財務諸表(企業の成績表)に不正がないかをチェックしたり、経営についてのアドバイス、税務業務などになります。

また、日本の会計基準と国際会計基準の融合によりグローバル化が図られてきており、海外で仕事をするケースも増えてきています。

どの企業も会計を用いて財務状況を把握しなければならないため、会計の専門家である公認会計士の活躍のすそ野も広がっています。

公認会計士の仕事

・監査業務
企業から独立した立場で公認会計士が監査することにより、財務諸表に不正や誤謬がないかをチェックし信頼性を保証する業務で、公認会計士の独占業務となっています。

・税務業務
税務書類の作成や税務申告の代理等、税務に関する一般の業務をいいます。この業務は本来税理士の固有の業務ですが、公認会計士は税理士登録をすることができるので、税務業務も行えます。

・コンサルティング業務
企業の経営や会計に対して様々な立案、指導、助言等を行うことをいいます。

・IPO(上場支援業務)
ベンチャー企業などが株式上場を目指す場合に業務上の課題に対して総合的にサポートする業務です。

・内部統制監査
企業は内部統制を構築する義務があり、それにもとづき作成された内部統制報告書に偽りがないかを監査する業務です。

公認会計士の年収

・監査法人の年収
公認会計士試験の合格者は、一般的には、監査法人に就職し、そこで業務補助を行いながら、実務補修所に通うことになります。初任給は約480万円で、残業代を合わせると多い人で600万円になります。なお、公認会計士全体の平均年収は約800万円といわれています。

・一般事業会社勤務者の年収
業務補助等の要件が緩和され一般企業においても一定の要件を満たせば業務補助等に含まれ年数が加算されますので、公認会計士試験合格後1年目から金融業界、コンサルティング業界などに就職する人も増えてきています。また一般企業への転職時には、管理職待遇で採用される場合が多く、監査法人よりも魅力的に感じる人も多いようです。

・独立開業した場合の年収
独占業務である監査業務だけの顧客開拓は難しいため、多くの個人会計事務所は税務業務やコンサルティング業務なども行っていますが、年収3000万円も夢ではなくなっています。

公認会計士になるには?

公認会計士になるには、金融庁が行う公認会計士試験に合格し、2年以上の業務補助等と3年の実務補修所に加え修了考査を経て公認会計士登録をする必要があります。

最近では、業務補助等の要件が緩和され、監査法人だけではなく一般企業においても一定の要件を満たせば業務補助等に含まれ年数が加算されます。また、業務補助等を行いつつ実務補修所に通うことができますので、公認会計士試験の合格後は最短3年で公認会計士登録ができます。

公認会計士試験にはマークシート方式の短答式試験と記述を行う論文式試験の二つがあり、短答式試験を合格した人が論文式試験に進むことができ、論文式試験に合格したら公認会計士試験合格者となります。

またアカウティングスクール(会計大学院)に行き修了した場合には、短答式試験の企業法以外が免除となり、論文式試験の対策に特化できます。

公認会計士カテゴリの最新記事