企業法(短答・論文)の勉強法

企業法(短答・論文)の勉強法

企業法の短答試験では、条文そのままが本試験で出題されます。

条文を覚えておくと、正しい選択肢は正しいと判断できます。

実際に問題を問いてみて、どう出題されるのかを意識することで学習効果はあがります。

 

論文試験では、参考法令基準集が配布されるので、条文を覚えている必要はなくなります。

正しく理解し、どんな場面で論点になるのか、ということを理解しながら勉強をしてください。

 

【論文試験で問われること】

・制度の全体像の理解

・論点の抽出と理解

・問題で問われている条文は何か?

 

学習法については「なぜ会社法がこのような規定を並べているのか」という視点でやると理解しやすくなります。

会社法の目的が、会社をめぐる利害の調整にありますから、おのずとそのような視点になります。

 

【企業法学習の視点】

・株主の利益保護

・利害関係者の利益保護

・法的安定性の確保

公認会計士カテゴリの最新記事