統計学(論文)の勉強法

統計学(論文)の勉強法

統計学は、受験時から勉強しておくと、実務でいかせる科目です。

市場分析は企業経営において、もっとも重要な羅針盤となるからです。

 

理系大学で統計学を勉強した方は統計学を選択科目にとる傾向があります。

 

統計学で必要となる理論は限定されており、暗記すべき論点がとても少ない科目です。

よって、統計学の勉強法時間の目安は200時間~250時間とされ、経営学と同様、選択科目の中では必要勉強時間が少ないのが特徴です。

 

また、最近の本試験の出題内容は、基礎重視の標準的レベルで安定しています。

 

比較的勉強時間が少ない計算科目だからと、安易に選択するのはオススメできません。

統計学は、主に数学が得意な人が母集団となるため、みんなができるところで小さなミスをすると大きな差がついてしまう可能性があります。

知識がなければ、何の論点かがわかりませんし、実際にアウトプットをしてみなければ、理論建てて文章を書くこともできません。くれぐれも「書かない」という勉強法は避けてください。

公認会計士カテゴリの最新記事