賃貸不動産経営管理士のテキストはどれを選ぶ?テキストの選び方

賃貸不動産経営管理士のテキストはどれを選ぶ?テキストの選び方



勉強の質を高めるには、まず良質なテキスト選びが必要です。

現在、賃貸不動産経営管理士試験のテキストは様々なところから販売されています。

その中からどのテキストを使うかによって、勉強の質が変わるのは間違いありません。

この記事では、どのテキストを選んでどう使えばいいかについて紹介させて頂きます。

テキストを大きく公式テキスト、市販のテキストの2種類に分け、順に紹介していきます。

 

1 賃貸不動産経営管理士公式テキストの使い方

賃貸不動産経営管理士には、試験を運営している一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会によって、「賃貸不動産管理の知識と実務」が販売されています。

これは、賃貸不動産経営管理士公式テキストと銘打っており、賃貸不動産経営管理士試験の合格を目指す人にとっては、必須のテキストといってもいいほど重要なものです。

公式テキストには、賃貸不動産経営管理士の合格に必要な知識がすべて網羅されているためです。

本番の試験問題は公式テキストの文言がそのままだったり、数か所改定されて出題されているものが多いです。

実際、2019年度本試験にも出題されました。

公式テキストは、わからない単語や知識を理解するために使うことをおすすめします。

次に、市販のテキストの使い方と種類についてお話していきます。

2 市販のテキストの使い方

賃貸不動産経営管理士の資格は、年々人気が高まってきているので、市販の問題集も多く販売されています。

過去問を踏まえた予想問題集や分野別の問題集、過去問集なども販売されています。

種類は大きく、予想問題集、インプット型のテキストの2つがあり、それぞれ使い方が違います。

予想問題集

「過去問も合格点を遙かに上回る点を取れるようになってきた」、「試験前に力試しをしたい」という場合にご活用するのをおすすめします。

予想問題集を利用し、予想問題もきちんと正答することができたら、しっかり知識がついていると言えるでしょう。

ただし、あくまでも予想問題集は、第三者が作成した問題だということを留意しましょう。

インプット型のテキスト

基本的には、初めに知識を定着させる時と、過去問などを解いた後に復習として使用することをおすすめします。

勉強を初める際は、素早くテキストを読み込みすぐに過去問を解くことを意識しましょう。

理由はインプットより、アウトプットに時間を割いた方が長期的に知識を定着させることが出来るからです。

過去問や問題集を解き、わからないところがあれば、すぐに公式テキストを確認しましょう。

テキスト、過去問等すべての勉強を含めて100時間は勉強をするべきだと考えております。

勉強法を知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

 

関連記事:賃貸不動産経営管理士試験に合格するための勉強時間はどのくらい?

 

3 市販テキストの選び方

最後に、市販の教材選びの際に注意してほしい点が1つございます。それは、「分野の出題頻度ランクの記載があるか」です。

初めにも述べたように、賃貸不動産経営管理士試験は合格基準が高く、頻出度の高い問題は絶対に落としてはいけない試験なのです。

ですが、初学者の方は「どれが頻出度が高い問題はどれだ?」と悩むはずです。

その際、頻出度ランクがあれば、頻出度の高いものから勉強していけばいいのです。

頻出度がわからないテキストはあまりおすすめ出来ません。

4 まとめ

賃貸不動産経営管理士試験の教材には、いくつかの種類があり、それぞれに全く違う用途があります。

この試験を受験される方は、社会人の方が多く仕事との両立が大変だと思います。

短い時間で合格できるよう試験に合格するためには、それぞれの教材の良さを理解し自分にあった教材を活用し効率よく知識を貯めていくことをおすすめします。

資格スクエアでは、短時間で必要な知識のみをインプットできる講座もご用意しておりますので是非ご活用ください。

講座詳細はこちら >

 

▼賃貸不動産経営管理士の資格取得を目指すなら、資格スクエアの賃貸不動産経営管理士講座!
 
「仕事が忙しくて、知識を覚えられない…」
「勉強してみたけど難しくてわからない…」
「宅建の勉強であまり時間をさけない…」
資格スクエアでは、このような悩みを解決すべく賃貸不動産経営管理士講座を提供しております!
 
忙しい方でも合間の時間に受講できるように、
1回の講義時間を約30分と短縮し、
オリジナルレジュメを使用した
初学者でもわかりやすい講義となっております。
資格スクエアで、一緒に資格取得を目指しましょう!
 
講座について知りたい方はこちらへどうぞ!

 
講座詳細はこちら >

賃貸不動産経営管理士カテゴリの最新記事