賃貸不動産経営管理士に合格するための勉強方法は?

賃貸不動産経営管理士に合格するための勉強方法は?

賃貸不動産経営管理士の合格を目指す方は、お仕事をしながらという大変な状況かもしれません。また、今まで勉強したことがないけれど、資格に持って勉強を始めようという方もいるかもしれません。今回は、賃貸不動産経営管理士に合格するための効率的な勉強方法についてお伝えします。

1 公式テキストは予想問題の宝庫

賃貸不動産経営管理士の試験問題は、公式テキストに基づいて出題されています。この公式テキストは正式名称を「賃貸不動産管理の知識と実務」といい、賃貸不動産経営管理士の資格試験を実施している「一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会」が発行しています。

そのため、この公式テキストの内容をすべて理解することが合格するための条件となってします。

王道の勉強方法としては、この公式テキストをまずは目を通します。公式テキストは、分野別に試験に必要な知識がまとめられており、初心者でも分かりやすいように記載されています。じっくり読んで、内容を理解し、覚えるべきところは覚えるようにします。

そして、きちんと身についたかどうか、復習問題を解いてみて、確認します。基本的には、こうして最後まで学習します。最後まで到達したら、まだ知識が足りない分野について、戻って学習します。

このようにすることで賃貸不動産経営管理士の試験に合格できる知識を身につけることができます。

2 過去問知識を身につけよう

賃貸不動産経営管理士の試験に合格するためには、過去問を合格点以上に取れるようにするのがポイントです。公式テキストで勉強したあとは、過去問を解いてみましょう。最初は90分という時間を気にせずに一通り解いてみてどのくらい正答することができるのか確認しましょう。

知識が弱い分野を公式テキストに戻って、入れ直します。これを繰り返して、ある程度できるようになったら、90分という時間を計って解く練習をします。

実際の時間で解くと1問あたりどのくらいの時間をかけられるかを肌で感じることができ、本番でも焦らないで済みます。

3 忙しくて大変な場合に第三者の手を借りよう

賃貸不動産経営管理士の試験に合格するための知識を身につけることができるという公式テキストは、1,100ページもあります。日々のお仕事で忙しい場合や他の資格試験の勉強があり、そこまで時間が取れないという方は、第三者の手を借りる方法もあります。

その方法は、講習を受けることです。講習は、賃貸不動産経営管理士の試験を実施する「一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会」が実施しているものです。講習は、公式テキストである「賃貸不動産管理の知識と実務」をテキストに行われます。朝から夕方まで2日間で全範囲を網羅します。集中して知識を身につけることができます。

この講習は、2018年では全国22カ所で実施されているため、地方にお住まいの方でも受講することが可能です。

しかも、この講習を受講すれば、4問免除されるという特典があります。4問の免除は、講習を受講した年と翌年まで有効です。仮にお仕事で受験できなくなっても、ちょっとしたミスで惜しくも不合格となってしまった場合でも、次の年にも特典を利用できるというメリットがあります。

講習を受けるための費用はかかりますが、きちんと受講すれば、メリットも得られます。

「一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会」が実施する講習は、2日間みっちり拘束されてしまいます。お仕事で受講できない方もいるかもしれません。そのような方は、資格試験予備校などの講習を利用して知識を習得するのもひとつの手段です。

資格試験予備校は、その資格を研究して授業内容が設定されています。また、近年では音声データをスマートフォンで聴いて受講するスタイルもあるため、通勤時間などの隙間時間に勉強することができます。

こちらも受講費用というコストはかかってしまいますが、いつでもどこでもちょっとした時間を利用して勉強することで、効率的に合格に必要な知識を身につけることができるというメリットがあります。

4 まとめ

賃貸不動産経営管理士の試験に合格するためには、一定の知識を習得する必要があります。そのためにはある程度の勉強が要求されます。そこへたどり着くには、いくつかの方法があります。

ご自身のライフスタイルに合わせて合格を目指すことは可能です。効率的な方法で合格をつかみ取りましょう。

賃貸不動産経営管理士カテゴリの最新記事