賃貸不動産経営管理士の過去問はどこで見ることができる?

賃貸不動産経営管理士の過去問はどこで見ることができる?

 

賃貸不動産経営管理士の過去問はどこで見ることができる?|資格スクエア|賃貸不動産経営管理士

【目次】

過去問を見ることはとても重要

合格のために過去問を活用しよう

まとめ

 

資格試験合格に必要な重要情報のひとつに過去問があります。過去問を解けるようにすれば、合格できるという資格試験もあるほどです。賃貸不動産経営管理士の過去問はどこで見ることができるのでしょうか。

 

過去問を見ることはとても重要

どの資格試験にも、運営している団体があります。国家試験でも、管轄する省庁から委託を受けた団体や関連団体が実施しています。公式サイトとよばれるサイトには、試験の実施要項から会場、試験問題など情報の宝庫です。

資格試験で最も重要な情報は、過去問です。過去にどんな問題が出題されているかを知ることは、試験で合格点を取るために重要だからです。過去に出題されたものと同じ問題や関連した問題が、試験で問われる可能性が非常に高いからです。

実際にどの資格試験でも、過去問を完璧に解くことができるようになれば、試験合格の可能性が高まるとされています。もちろん賃貸不動産経営管理士の例外ではないでしょう。

また、賃貸不動産経営管理士の資格取得に興味があって、受験を迷っている方にとって、過去問を見ることはとても重要です。資格試験は、ある程度の勉強時間が必要です。過去問を見て、拒否反応が起こってしまうようでは、資格取得を目的としても長時間勉強することは厳しいかもしれないからです。

賃貸不動産経営管理士の過去問は、公式サイトに掲載されています。これから試験を受験しようかどうか迷っている方は、まずサンプルの問題をざっと眺めてみてはいかがでしょうか。(参照URL:https://www.chintaikanrishi.jp/exam/exercises/

公式サイトに、問題例が5問、それぞれの解答とちょっとした解説が掲載されています。内容については、これから勉強すればいいのですから、分からなくても問題ありません。見るポイントとしては、実際の問題を見たときに、なんだか楽しそうというような興味や関心、解説を見たときに、なるほどと思えるかどうか、ではないでしょうか。

人は興味があることについては、勉強していけば、自然と身についていくものです。しかし、興味が持てないものについては、かなりしんどい作業になってしまうおそれがあります。

 

合格のために過去問を活用しよう

賃貸不動産経営管理士の資格取得に向けて、日々勉強している方は、ぜひ過去問を活用しましょう。この賃貸不動産経営管理士の資格試験については、公式テキストが発行されており、このテキストの内容をすべて理解して覚えることができれば、合格は間違いなしといわれています。

しかし、公式テキストは、かなりのページ数があり、お仕事をされている方にとっては、すべてに目を通して、そこに掲載されている知識を覚え、問題を解くといった試験対策のための時間が取れない場合もあります。

そういった場合は、過去問を解いて、過去問の知識は完璧にしてしまうという方法があります。公式サイトには過去3年分の試験問題が掲載されています。(参照URL:https://www.chintaikanrishi.jp/measure/past/

また、公式問題集や講習を受講して、ある程度学習したという方は、力試しで過去問を利用するという方法があります。

過去3年分を、それぞれ、実際の試験時間である90分間で、何も見ないで解いてみるのです。そして、答え合わせをすることによって、現在自分はどのくらいの点数を取ることができているか、を把握することができます。

知識が足りない分野などを調べることもできるため、過去問を有効活用することをおすすめします。

なお、公式サイトの過去問について、正答番号しか掲載されていません。そのため、自分がどうして間違ったか、分からないという場合もあるでしょう。そういった場合は、テキストに戻ったり、市販の過去問題集に解説は掲載されていますので、参考にすることができます。

 

まとめ

過去問を制する者は試験を制するといわれているように、過去問は試験に合格するための道具としてとても大切なものです。

また、これから賃貸不動産経営管理士を受験しようとしている方にとっても、興味が持てるかどうか、勉強してみたいと思えるかどうかを見るツールにもなります。

過去問をフル活用して、賃貸不動産経営管理士の資格を取得してしまいましょう。

 

賃貸不動産経営管理士カテゴリの最新記事