合格のために完璧な論文答案は不要。穴埋め問題と心得よ

合格のために完璧な論文答案は不要。穴埋め問題と心得よ

予備試験にも本試験にも「論文式問題」が出題されます。

裁判官、検察官、弁護士の法曹三者は、いずれも、法律的な文章によって「書面」を作成する仕事です。択一式試験のように、「知識」だけあればよいというものではありません。

また、この書面には、

・論理性

・説得性

・一貫性

が求められます。

論理が一貫して通っており、人が読んで納得できるような書面を作成する能力が問われているといえます。そして、この論文式試験。苦手とする人が非常に多い試験です。

なぜなら、まっさらな解答用紙に、ゼロから自分の解答を書きこんでいく方式だからです。

ともすると、自分でゼロから答案を「創作」しなければならないと考える人もいるでしょう。

でも、実は違うんです。

ほとんどの問題が穴埋めで解ける

論文式試験は「創作」する試験ではなく、「穴埋め」する試験なのです。

自分で考えて記述する部分、というのは割合としてはかなり少ないのです。

殆どの部分は「穴埋め」で解くことができるのです。

例えば、虚偽表示について例外的に保護される94条2項の「善意の第三者」について、論じる必要があるとしましょう。

全くの素人の答案では、思いつくことを場当たり的に記載するため、

「94条2項の「第三者」に該当するといえるか問題となるも、本件ではAは〇〇だから該当しない」

としていきなり結論だけを書いたり、

「判例は94条2項の「第三者」について○〇としている。しかし私はそうは思わない。なぜなら・・・」

として自分の説だけを延々と展開したりといった、試験で点数にならないことを書いてしまいがちです。

でも、司法試験、予備試験の論文式答案には書き方があるのです。

先ほどの94条2項の「第三者」の例でいえば、

「AはBと「通謀」して本件契約を仮装しており、AB間の売買契約は通謀虚偽表示に該当し、94条1項により無効であるのが原則である。もっとも、CはAB間の契約が通謀虚偽表示であることを知らなかった、つまり、「善意」であるから、例外的に94条2項の「第三者」として保護されないかが問題となる。

94条2項の趣旨は虚偽の外観を信じたものを保護する権利外観法理にある。

そうだとすれば、同条項にいう「第三者」とは、「当事者またはその包括承継人を除き、虚偽表示に基づく法律関係を前提として新たに独立した法律上の利害関係を有するに至ったもの」をいうと考える。本件では、Cは、・・・・なので、上記に該当し94条2項の「第三者」といえる。」

といった形の解答になります。

問題によって、ABCの人物関係は変わりますが、基本的に94条2項が出題された場合には、

「本件の〇〇契約は通謀虚偽表示に該当し、94条1項により無効であるのが原則である。

もっとも、〇は善意であるから、例外的に94条2項の「第三者」として保護されないかが問題となる。

94条2項の趣旨は・・・にある。そうだとすれば、同条項にいう「第三者」とは、「・・・・」をいうと考える。」

という形で論述していくことは同じです。

論証パターンを覚えていれば、論文式試験は「穴埋め」の試験になる

このように、論述のパターンがある程度決まっていることから、「論証パターン」などと予備校は呼んでいるわけです。受験生の間では「論パ」などと呼ばれたりもしています。

このような論証パターンを覚えていれば、論文式試験は「穴埋め」の試験になります。

つまり、自由創作ではなく、どのような「論述のパターン」をあてはめて解けばよいのか、という問題になるからです。

短期合格者はトップ合格者と同義ではない

ところで、少し話は飛びますが、受験生がこぞって、「短期合格者」の話や答案を話題にするのはなぜでしょうか。

勘違いしないでいただきたいのは、短期合格者は「トップ合格者」とは必ずしも一致しない、ということです。

短期合格者に共通するのは、少ない知識で合格したということにつきます。

司法試験、予備試験は非常に範囲の広い試験です。

短期合格者の知識量がベテラン合格者の知識量よりもまさっていることはありません。

むしろ、少ない知識をうまく活用して合格したのが短期合格者なのです。

なので、「短期合格者の答案」は完璧な答案とは違います。

でも、「短期合格者の答案」は、「知識をうまく活用した答案」です。

これを、予備校では「実践的な答案」と呼んだり「現実解」と呼んだりします。

予備校が出している答案例は「限りなく完璧に近い答案」

先般、司法試験問題の漏えいが発覚した経緯は、「完璧すぎる答案」だったからです。

逆に言えば、司法試験は、「完璧な答案」が書ける試験ではないということです。

一方で、予備校が出している答案例は「限りなく完璧に近い答案」です。模範答案とでもいえましょう。

限られた時間の中で、模範答案の内容を書くことは「ほぼ不可能」です。

なので、「短期合格者の答案=少ない知識を最大限活用した答案」は、「非常に実践的な答案」として価値が高いのです。

少ない知識で答案を書くには、決まった論述のパターンを記載し、足りない部分を穴埋めするような記載方法しかありません。

他に書くべき知識を持ち合わせていないのですから、持っている知識を総動員して、

それなりに

・論理性

・説得性

・一貫性

のある答案を書いているのが短期合格者の答案です。

最初に書いたように、論理的に一貫し、説得的な書面を書ける資質があれば、知識の量が多少少なくても受かる、のが司法試験です。

実務家登用試験であり、学者の採用試験ではないのですから。

資格スクエアの論文対策講座とは

・司法試験予備試験 最年少合格(当時)

・司法試験本試験 最年少合格

の方が自ら作成した論文式答案を使用して講義を実施します。

これは他の予備校と比べても前代未聞の内容です。

また、この論文式答案は、「実践的な答案」になりますので、よりよくするにはどうしたらいいのか、という点については、講義の中でベテラン司法試験専業講師かつ新司法試験合格者の先生が教えることになります。

新進気鋭の最年少合格者と、ベテラン人気講師の夢のコラボレーションといえます。

ベテラン講師の吉野勲講師は、自らもアマゾンベストセラー1位の本を出版するなど、司法試験業界では知らない人はいない、押しも押されぬ人気講師です。

業界ナンバーワンの予備校でも当然人気講師だったのですが、独立独歩の精神で、司法試験への門戸を広げたい、という熱い気持ちをもって、資格スクエアの事業に参画してくれることになりました。

この最年少合格者の実践型の論文式答案とアマゾン1位獲得のベテラン人気講師のドリームチームの繰り出す論文対策講座が資格スクエアの特徴の一つでもあります。

司法試験カテゴリの最新記事