司法試験本試験の予備校について

司法試験本試験の予備校について

2つの受験ルート

司法試験本試験については、受験するルートが2つあります。そのため、受験するルートによって、司法試験予備試験の予備校の利用方法が異なります。法科大学院ルートと予備試験ルートです。

それぞれのルートでの予備校の利用方法について見てみましょう。

法科大学院ルートの場合の司法試験予備校の利用について

1つ目は法科大学院を利用するルートです。法科大学院を利用するルートの場合、大学1年や2年のときから、司法試験のための予備校に通う人が多く、法科大学院に入ってからは、授業が忙しいため、予備校を使う人はぐっと少なくなります。

以前は法科大学院がなかったため、予備校を利用する人が非常に多かったのですが、法科大学院が予備校の役割をかなり代替しているので、予備校の入門講座を利用する人が減ったのです。

その代わりに、答案練習、いわゆる答練については、司法試験の予備校は実施しませんので、法科大学院生であっても、多くの人が予備校を利用することになります。

特に、模擬試験については、実施している法科大学院はありませんので、ほとんどの法科大学院生は司法試験の予備校の模擬試験を受験しているのが実態です。

予備試験ルートの場合の司法試験予備校の利用について

2つ目は予備試験を利用するルートです。予備試験については、大学在学中に合格するケース、法科大学院在学中に合格するケース、社会人になってから合格するケースの3つがあります。

大学在学中に合格するケースの場合には、あわよくば予備試験、ダメだった場合には法科大学院進学、ということを見越して学習している大学生が殆どです。

なので、司法試験予備校については、予備試験と司法試験の両方を見据えて利用している場合が多いです。多くの人は予備校を利用しているといっていいでしょう。

次に、法科大学院在学中に合格するケースの場合には、法科大学院の授業の傍らに予備試験向けの予備校講座を利用しているケースは少なく、多くの人は法科大学院の授業と自学自習を併用して予備試験を受験しているケースが大半です。法科大学院に行っていれば、卒業するだけで司法試験を受験できるので、予備試験向けに予備校を利用したりはしないのです。

なので、司法試験予備校については、法科大学院入学前に受講し終え、法科大学院在学中は、先ほどの通り答練や模擬試験だけを受験する、というケースが大半です。

最後に、社会人で合格するケースの場合には、まずは予備試験向けの講座を予備校で受講しているケースが殆どです。

予備試験向けの講座は司法試験向けにも使えますので、まずは予備試験対策を予備校で行い、予備試験通過後も予備校で司法試験向けの講座を受講する、ということが多いです。

司法試験カテゴリの最新記事