占有の二面性~自己の占有と占有の引き継ぎ~

占有の二面性~自己の占有と占有の引き継ぎ~

司法書士試験に出題される民法の総則では、時効について定めています。

新しく権利義務を獲得する「時効取得」の成立要件には、「20年の経過」「自主占有(所有の意思を持った占有)であること」「平穏」「公然」「他人の物を占有」の5つがありました。

占有の二面性

さて、この占有には「自分だけの占有」と「前主から引き継いだ占有」という二面性があります。
これについて定めているのは民法187条『占有の承継』第1項で、「「占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。」としています。

Aさんの建物に、占有の開始の時から悪意であったBさんが8年の間占有を続けました。
その後Bさんは善意無過失のCさんへと建物を引渡し、Cさんは2年の占有を続けます。
この場合、Cさんは建物を取得出来るのでしょうか。

一つ目の観点、Cさん自身のみの占有から考えると、確かに善意無過失から始まってはいますが2年しか経っておらず、短期取得時効に必要な10年にはまだまだ満たないため無効です。
また、BさんとCさんの占有を合計すれば10年になるから良いのではないか、という継承の観点から考えてもCさんの取得時効は成立しません。
187条の第2項では「前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する」とされており、悪意、有過失、強暴、隠秘といった占有の瑕疵も占有期間と一緒に引き継いでしまうのです。
そのため、Cさんが取得時効を成立させるのであればこの場合、自己の占有を10年続けるしかありません。

なお、「瑕疵があること」を引き継いでしまうように、「瑕疵がないこと」も引き継ぐことが可能です。
上記の事例を入れ替えて、Bさんが善意無過失から始まった占有を8年、引き渡されたCさんは悪意から始まった占有を2年続けたことにしましょう。
この場合、Bさんの善意無過失をもCさんは引き継ぐため、Cさんの短期取得時効は成立するのです。

司法書士カテゴリの最新記事