司法書士試験の勉強方法~基本書の使い方~

司法書士試験の勉強方法~基本書の使い方~

司法書士試験の勉強に使われる教材として、基本書というものがあります。

1 かつては基本書が教材の中心だった

基本書は法律学者によって書かれたテキストで、各科目それぞれの基本書が出版されています。

以前は司法書士試験を受ける人の間で、この基本書が代表的な教材とされていました。
受験用に編集されたテキスト類が今ほど充実されていなかった時代では、この基本書が貴重かつほぼ唯一の教材だったのです。

試験に役立つという情報が出回っていたこともあり、当時の受験生たちのほとんどが基本書を使って勉強を進めていました。

2 基本書を使うのは理解が進んでから

しかし、この基本書は法律を学び始めて間もない人にとっては難し過ぎるのです。

いきなり読んでも書いている内容は理解できないでしょうし、どの箇所が試験に必要な情報なのかどうかもいまいち判断不可能です。なぜなら、基本書は学問としての法律を扱っているため試験勉強を見据えて作られたものではないからです。

司法書士試験の勉強は学問ではなく、あくまで試験勉強です。学習当初から基本書を使っていくのは、良い勉強方法とは言えないでしょう。

とは言え、基本書が全く役に立たないというわけではありません。法律を細やかに紐解いているため、テキストや講座の説明だけではカバーしきれない情報が載っていることもあるでしょう。

司法書士試験のための勉強では、まずは初心者用のテキストや教材を利用してしっかり知識を身につけ、勉強をある程度進めた上で基本書も使っていくと良いと思われます。
テキストの説明ではよくわからない部分も、基本書を読むことですんなり理解できた、ということもあるでしょう。

司法書士カテゴリの最新記事