司法書士の試験科目より 担保権の性質~付従性~

司法書士の試験科目より 担保権の性質~付従性~

司法書士試験に出題される民法で定められる債権には、担保物権の存在が深く関わっています。
抵当権を始めとする担保物権は、債権を理解するために重要な存在と言えるでしょう。

1 担保権の種類

一口に担保権と言っても、その発生事由や手続の方法などによって区分が異なり、4つの種類に分けられます。
最も多く使われるのが前ページまでで説明した抵当権、担保を権利者が占有する質権、先取特権、留置権というように区別されています。
前者2つが当事者同士の約束同士から生じる約定担保物権、後者2つが当事者の意思とは無関係に法律の力によって発生する、民法の条文に書いてある事実があれば自動的に成立する法廷担保物権です。

これらの担保権にはそれぞれ様々な特徴があるのですが、共通する性質として、付従性・随伴性・不可分性・物上代位性というものがあります。

2 付従性

担保権はそれ単体で存在できる権利ではありません。
債務者が債権者に対して負っている借金があり、債権が弁済されない場合に備え、保険として設定される、借金が先に立っている権利なのです。
この、担保権の元になる借金の事を「被担保債権」といい、多くの場合の被担保債権は金銭債権ですがそれ以外のこともあります。

担保権は、常に被担保債権に付従する形で存在しています。
たとえばAさんがBさんにお金を貸し、そのお金を被担保債権とした抵当権を不動産に設定したとします。
しかしAB間で交わされた金銭消費貸借契約には公序良俗違反があり、それが無効原因となって被担保債権がなくなってしまいました。
この時、被担保債権がなくなったことにより、担保権である抵当権も付従して消滅することになるのです。

また、こうした金銭消費貸借契約が有効に成立した場合でも、Bさんが債務を全て弁済し終わったり、していなくても消滅時効が成立すると、被担保債権は消滅します。
そうするとやはり、元になるものを失った担保権は被担保債権の消滅と同時に消えることになるのです。

司法書士カテゴリの最新記事