抵当権の順位~物権の世界は早い者勝ち~

抵当権の順位~物権の世界は早い者勝ち~

司法書士試験に出題される民法で定められる債権には、担保物権の存在が深く関わっています。
その中の1つ、最も多く使用されるものとして抵当権があります。

抵当権の設定された不動産は、債務が弁済されなかったときに競売にかけられることになります。

抵当権の順位

買受人の支払った競売代金は債権者に配当されますが、抵当権にも順位があります。
順位は登記の入った順によって決まり、早い順に1番抵当権、2番抵当権……というようにして決められていきます。

たとえば、合計で2000万円の債務を背負っている債務者Aさんが、自己所有の不動産(2000万円相当)を、第1順位で債権額金1000万円のB銀行に、第2順位で債権額金1000万円のC銀行の抵当権を設定したとします。
しかしこの2つの銀行だけでなく、Aさんにはもう1人、債権額金500万円の無担保債権者のDさんがいました。
Aさんは誰に対しても、1円も弁済をしなかったため不動産が競売にかけられて1500万円で売れたのですが、この場合の配当金はどうなるのでしょうか。

前述の通り抵当権は登記の順番で決まるため、配当を受ける順番はB銀行、C銀行、そして最後にDさんということになります。
もらえる配当は債権の分ですから、B銀行に1000万円、C銀行に500万円というように分けられると、Dさんのもらう配当がなくなってしまいます。
抵当権の順番はあくまで登記登録順ということになっているので、登記をしていないDさんが主張出来る権利はありません。

が、このままではDさんが困りっぱなしで終わってしまいます。
Dさんの取れる手段はないのでしょうか。

司法書士カテゴリの最新記事