司法書士の仕事と責任 〜目標はダブルライセンス

司法書士の仕事と責任 〜目標はダブルライセンス

司法書士は、儲かる職業と呼べるのでしょうか。

1 職域のさらなる広がり

確かにバブル時代には不動産の取引が活発で、登記の仕事が多く司法書士の出番もいくらでもありました。
司法書士だから儲かるというよりも、仕事が多いために儲かっていたと言った方が正確でしょう。
しかし、いつまでも司法書士だからといって100%安定していたというわけでもありません。
バブル崩壊時は不動産取引が減少したため、必然的に司法書士の業務も少なくなったのです。

とはいえ、現在は司法書士のニーズは高まっています。
しかも、もともと範囲が広い司法書士の業務は、今後さらなる広まりを見せると考えられているのです。簡易裁判所の訴訟代理が可能になったり、高齢化に伴い成年後見制度が導入されたりするなど、司法書士の活動機会は増えています。

個人の権利を守るという意識が高まりつつある世の中で、法律の知識も持った司法書士は貴重な人材でしょう。

2 目標はダブルライセンス

国家試験最難関と言われるのは司法試験ですが、今日では司法試験に合格しても安定した収入は約束されていません。それは司法書士試験も同様です。合格・開業後も油断せず、ビジネスの幅をさらに広げていく努力が必要です。

収入を上げたいと望むなら、ダブルライセンスはほぼ必須条件と言えます。

次の資格を取得するには、受験勉強で得た司法書士の知識を活かせるような不動産鑑定士、土地家屋調査士などが良いでしょう。

3 やり方次第で変わる仕事

司法書士は自営業ですから、自分の事業の経営や仕事のやり方は全て自分で決めて良いものです。

収入も同様で、どれくらい収入を得るかは自分の決定にかかっています。
自分で決めた目標に向かって、自分で努力していきましょう。

ただし、司法書士は社会的責任が重く、時には重大な損害賠償を請求されることもあります。
厳しい社会の変化に柔軟に対応しながら職務を全うするという、リスクを背負った仕事であることを念頭に置いておくべきでしょう。

司法書士カテゴリの最新記事