司法書士資格の活かし方

司法書士資格の活かし方

司法書士試験に合格して資格を取得し、日本司法書士会連合会の名簿に登録を行えば司法書士としての業務が可能になります。

司法書士資格のメリットとしてよく挙げられるのは独立開業ですが、いきなり開業というのも資金的に厳しいということもあるでしょう。

また、司法書士の資格は持っていても未登録である有資格者、司法書士資格者のような人もいます。
このように、独立開業をしなくても資格を活かせる道はあるのでしょうか。

1 独立以外での資格の活かし方

司法書士の資格は国家資格の中でも最高峰、最難関レベルです。
持っているだけで箔がつくといっても過言ではないでしょう。

資格を持っていれば、法律に関して司法書士と同等の知識や理解があるとみなされます。
そのため、企業の法務部や不動産会社などのように、受験や試験勉強で得た知識を活かせる業種に勤務する人も多いです。
司法書士の資格を持っていると、そういった業種への就職が有利になる可能性も高いでしょう。

他にも司法書士法人に就職する、個人司法書士事務所の事務員、弁護士事務所や行政書士事務所などの事務員などの道もあります。

2 司法書士と行政書士の違い

ところで、司法書士の資格を持っていると言った時によくされる勘違いとして、行政書士との混同があります。
具体的には何が違うのでしょう。

この両者は業務の範囲が異なります。確かに書類の作成や手続の代理など、やっていることは同じなのですが、司法書士が法務局や地方法務局、裁判所や検察庁に関わるのに対して、行政書士はその他の官公署に関わっています。

司法書士が行うのが登記関係や裁判事務官系の業務ならば、行政書士の業務は建築業や風俗営業などの建築確認の申請、車庫証明申請、営業許可申請などというわけです。
会社の設立登記をするのが司法書士、設立後の営業許可申請をするのが行政書士と考えるとわかりやすいでしょう。

また、資格の所管先も違います。
司法書士の資格は法務省の所管に属しているのですが、行政書士の資格が属するのは総務省なのです。

司法書士カテゴリの最新記事