本人の指図~悪意の本人と善意の代理人~

本人の指図~悪意の本人と善意の代理人~

司法書士試験に出題される民法第1編の総則では、代理について定められています。
代理は本人・代理人・相手方による三面関係を生み出すシステムで、「代理権」「顕名」「代理人と相手方の間の法律行為」という3つが法律要件です。

前ページの事例のように、代理人が虚偽表示に善意である場合には、本人に効果は帰属してよいものとされています。
が、本人が悪意の場合かつその事実を代理人に伝えることが可能であったらどうでしょうか。
CさんとDさんの通謀虚偽表示を知っているならば、「あの物件はやめた方がいい」とAさんに一言教えることも出来たかもしれません。
そういった場合も、本人に効果が帰属するのでしょうか。

本人の指図

民法101条第2項では「特定の法律行為をすることを委託された場合において、代理人が本人の指図に従ってその行為をしたときは、本人は、自ら知っていた事情について代理人が知らなかったことを主張することができない。本人が過失によって知らなかった場合も、同様とする。」と定められています。
この「特定の法律行為の委託」というところがポイントで、たとえば前ページの事例において、「通謀虚偽表示のある物件を探し出したのがAさん」ならば「Aさんが見つけた物件についてBさんがたまたま詳しかった」だけであるため、これにあたらないのですが、「Bさんがその物件を指定し代理契約をAさんにさせた」というのなら、委託事項に具体性が生じてこの項が適応されます。

この場合、Bさんは虚偽表示の事実を知りながら、その危険な取引をAさんにさせようとした人と言えるでしょう。
そんな人に建物所有権を帰属させる必要は無いため、代理人が善意であったとしてもBさんが建物の所有権を得ることは出来ません。

これはAさんが「C所有の建物を買え」という本人Bさんの指示に基づいて行為をした結果ですから、Bさんは相手方に「代理人Aは虚偽表示を知らなかった」と主張することは不可能なのです。

司法書士カテゴリの最新記事