きっかけは宅建試験

きっかけは宅建試験

女性にとっても、司法書士の資格は大変有用なものです。
OL生活を続けながら司法書士試験にチャレンジしたNさんも、取得出来て良かったと自分の受験生活を振り返ります。

きっかけは宅建試験

Nさんが法律と向き合うきっかけになったのは、ある日上司から教えられた社内の制度でした。

当時Nさんは社会人3年目で、高校卒業後に親戚の紹介を経て入社した建設会社の受付をしていました。
所属部署を問わず受験出来る宅建試験に受かると給料2万円アップ、という制度に心を惹かれたNさんはしかし、その頃「タッケン」が宅建だと理解するのにも時間がかかるほどだったといいます。
最初の年のチャレンジはあえなく失敗したNさんですが、2回目のチャレンジで宅建試験に合格します。
2万円の昇給が嬉しかったのは言うまでもありません。が、Nさんは試験を通してもう一つの変化を得たのです。

宅建試験に受かるべく始めた民法の勉強をきっかけに法律の面白さを知ったNさんは、もっと法律について学んでも良いかもしれないと思い始めます。
試験を受ける社員のために外部から来ていた講師の話の中にあった、民法の条文の根幹や生活における必要性も印象的でした。

1年目の受験勉強は失敗に

そうは言ってもしかし、そこから大学に入ってしっかり法律の勉強をしようという気にはあまりなれなかったそうです。

結果Nさんが選んだのは司法書士資格の取得という目標でしたが、専門的に学習していこうなどという心持ちとは違いました。
宅建試験に合格出来たから次はそれよりも難易度の高そうな資格に挑戦してみよう、くらいの気軽さでNさんは2つめの国家資格取得を目指し始めます。

ですが、民法以外にはどんな科目が出題されるのかも知らなかったNさんの勉強生活の当初は失敗そのものでした。
仕事をしながら学校には通いたくなかったNさんは通信教育の講座を申し込んだのですが、講義の録画であるDVDをしっかり視聴することは不可能だったといいます。
集中力を持続させて見ることが出来ず、送られてくるDVDはどんどん溜まってしまい、1年間という時間もお金も無駄になってしまいました。

司法書士カテゴリの最新記事