司法書士の試験科目より 〜 商業登記法は商法・会社法との関係を重視!書式試験の対策も

司法書士の試験科目より 〜 商業登記法は商法・会社法との関係を重視!書式試験の対策も

司法書士試験において、商業登記法は例年午後の部で8問出題されています。
また、記述式問題でも1問出題があります。

1 商法・会社法との関係を重視

商業登記法は商法・会社法の規定における法律で、会社などの活動成果を登記する手続が規定されています。

規定されている内容は主に商業登記制度そのもの、登記すべき事項、会社などの活動が法廷の手続を踏んだことを証明するために申請書に添付すべき書類についてです。商業登記法は商法・会社法と深く関係しているため、併せて学習していくと効率が良いでしょう。

民法と不動産登記法の関係よりもさらに密接なので、商法・会社法の理解抜きに商業登記法を知ることは不可能です。会社などはその活動に応じた登記を義務付けられているなど、会社法と商業登記法の規定は切っても切り離せないものだと思って勉強するべきでしょう。

2 書式試験の対策も

細部にわたる手続法だけあって、勉強し始めのうちは苦手意識を持つ人も多い科目です。また、商業登記法や商業登記規則、商業登記等事務取扱手続準則を中心に、多くの登記先例を知っておかなくてはなりません。

司法書士試験の商業登記法は難易度も高いため、しっかりと理解しておかないと解けないかもしれません。

最初のうちは予備校などの講座を利用しながら勉強を進め、過去問や模擬試験も使いながら、不動産登記法同様先例についても繰り返し見直しておくことが必要です。

司法書士カテゴリの最新記事