司法書士が収入アップを目指すには?

司法書士が収入アップを目指すには?

司法書士の収入にもさまざまあると前のページでお伝えしました。では、どうやって収入をのばせばよいのでしょうか。

1 収入アップを目指すには?

司法書士の年収は1000万円とも1500万円とも言われていますが、実態としては人によって稼いでいる額はまちまち、というのが実情です。

では、そもそも司法書士は儲かる職業なのでしょうか。
バブルの時代に、高収入を得た司法書士が多かったのは事実です。当時は不動産取引が活発で、登記の仕事がいくらでもあったからです。仕事が多くあったので収入が多かったというだけの話で、これは当たり前のことでしょう。儲かった、という言葉が当てはまるのかどうかは分かりません。

ただ、こうした司法書士の仕事は、バブルの崩壊とともに沈んでいき、不況の嵐に司法書士も巻き込まれていったのでした。

しかし、それでもここで強調したいのは、
「司法書士の仕事の範囲は狭いようで広く、今後さらに広がっていく可能性が高い」
ということです。

司法書士の仕事については別の頁で詳しく解説しますが、登記、供託、裁判に関する業務が一番主要な業務です。また、最近できた筆界特定に関する仕事も司法書士の業務の範囲内であるといえます。

2 開業後のダブルライセンスが効果的な職業

現在国内での最難関資格と呼ばれるのは司法試験です。ところが、最近では司法試験に何年もかかって合格しても、安定した収入は約束されていないという時代です。
司法書士試験も同じく難関試験ですが、合格・開業後は、さらなるビジネスの幅を広げる努力が必要になります。

また、収入目標を高く設定するならば、ダブルライセンスは非常に効果的であると言えます。
行政書士とのダブルライセンスを取る人は多いですが、司法書士の主要な業務に直結する不動産鑑定士や土地家屋調査士などは特におすすめです。

3 結論としては実力次第の職業

言わずもがなですが、司法書士は自営業の職業です。したがって、自分の事業の経営、仕事のやり方はすべて自分が決めればよいのです。収入についても同じです。どれだけの収入を得るか、それはもう自分で決めることなのです。実際、自分で決めるべき問題であり、自分で決めた収入額を目標にして努力するだけのことです。

ただし、司法書士は社会的責任の重い職業です。下手をすると重大な損害賠償責任を負うことにもなりかねませんので、リスクを負った仕事であることを意識しつつ、厳しい社会に対応していく必要があります。高収入だけでなく社会に貢献することによって喜びを得られるようにすることが必要です。

司法書士カテゴリの最新記事