依頼人に代わって裁判を進める

依頼人に代わって裁判を進める

簡裁代理権を得たことで司法書士の仕事の幅は広がりましたが、依頼する側の市民にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。

数が少なかったり事務所のある地域が限られている弁護士に比べて頼みやすい、という点はありますが、そもそも裁判の代理をしてもらうということにどんな意味があるのか、依頼人の視点で見ていきましょう。

簡裁代理認定司法書士の必要性

弁護士にも頼まず、司法書士にも依頼をしないとなると本人訴訟では本人が法廷に立つことになります。

しかし、いくら簡易裁判といっても裁判は裁判であり、慣れていない人にとってはかなり精神力を消耗してしまうことは避けられません。
また、原告本人が裁判に出たとしても被告人はそうであるとは限らず、被告代理人である弁護士を雇うかもしれないのです。

その場合、原告である本人が裁判官や弁護士といったプロに囲まれて緊張してしまうということもあるでしょう。
法律知識が少ない原告本人は、飛び交う言葉の意味を十分理解することが出来ずまともな争論を行えないかもしれません。

簡裁代理権が司法書士に認められるまで、司法書士はそんな様子を傍聴席で見守ることしか出来ませんでした。

しかし、司法書士が代理人として法廷に立つことが出来れば、原告に代わってしっかりした主張を出来るようになるのです。
法律知識も豊富ですから、裁判がよりスムーズに進むようにもなります。

裁判所の雰囲気にも慣れている司法書士なら弁護士や裁判官に気圧されることもないでしょう。

依頼人に代わって裁判を進める

裁判は場合によって長い時間を費やします。
原告本人にも生活があり、裁判ばかりに時間を割いていられません。

しかし司法書士に代理を依頼すれば代理人の行為が本人のものとして扱われるため、本人は出廷しなくてもよくなるのです。
勿論傍聴席で裁判の成り行きを見ることは可能ですが、そう望まなければ仕事に行っても家にいても、さらには遊びに出かけても良いというわけです。

司法書士に代理を頼むことで、依頼人は自分の生活を保持することが可能なのです。

司法書士カテゴリの最新記事