司法書士の業務~まとめ~

司法書士の業務~まとめ~

 

登記に関する業務

 不動産登記
・建物の保存登記:家やビルなど、新しく建造物が出来た際の登記
・売買の登記:土地建物を購入し、所有者が変更した際の登記
・相続の登記:土地建物を相続し、所有者が変更した際の登記
・抵当権の登記:土地建物を担保にして借金をした際の登記
・根抵当権の登記:銀行取引や商取引をする際の登記

商業登記
・設立の登記:会社や法人を設立した際の登記
・変更の登記:資本金や役員が変更した、または本店が移転した際の登記
・その他の登記:会社、法人、組合などに関する登記
 

供託に関する業務

貸主が地代や家賃を受け取らない際の供託や、営業補償の供託、裁判の保証供託など

裁判に関する業務

簡易訴訟代理関係業
→請求額140万円以下の、民事訴訟代理業務を務める

裁判事務
→金銭の支払いなどの請求、家屋の明渡しの要請、交通事故などで話し合いがつかなかった場合、家庭裁判所に調停・審判を求める場合など、裁判所に提出する書類作成

筆界特定業務

筆界特定の申請書等の作成、筆界特定の申請の却下に関する審査請求の手続きなど筆界特定手続を行う。
簡裁代理認定司法書士は、これに加えて請求額140万円以下の相談・代理業務も可能。

その他の業務

・登記、供託に対する審査請求、戸籍訂正の申立て、帰化許可申請など法務局への申立て
・犯罪の告訴、告発などをする際に検察庁への告訴、告発状を作成
・法律的相談を受け、適切なアドバイスをする
・成年後見業務

司法書士カテゴリの最新記事