司法書士の業務 ~登記に関する業務~

司法書士の業務 ~登記に関する業務~

では、まずは司法書士の業務のうち「登記に関する業務」から見ていきましょう。

1 登記とは?

登記とは、土地や建物といった不動産、船舶、会社などの法人、建設機械などの物件を巡り生じた権利関係や利害関係について、主要な事項を法務局や地方法務局といった登記所にある公の帳簿、ファイルに記載することによって国民の誰もが情報を得られるようにするという制度です。

登記制度は個々の物件や会社などの法人の実態、権利関係を明らかにし、またそれらの権利を保護しています。
そのことによって、物件の売買や借用、会社同士の取引、お金の貸し借りなどが安心かつスムーズに行えているのです。

2 登記をする意味

では、登記が行われなかった場合はどうなるのでしょうか。

不動産登記における表示の登記と商業登記においては登記が法律で義務付けられていますが、もちろんそれには理由があります。
もしも不動産物件で会社の存在や内容が登記されず、取引相手が何もわからないという状態では何もできません。

取引相手は取引に対する権利を主張することが不可能ですし、相手にとって必要な情報を提供するという目的も果たせなくなってしまうのです。

不動産登記のうち権利の登記は原則として義務付けられているものではなく、こちらは権利を主張するためのもの、他人に対して権利を認めさせるためのものです。
例えば土地だったら「これは自分の土地だ」物件だったら「ここは自分の家だ」というように、所有権などの権利を明らかにできるのです。

3 司法書士と登記の関わり

その登記ですが、原則として登記所に申請することが必要です。
しかし登記に関しては関連する法律も非常に多く、手続上の決まりもかなり複雑で、知識の無い人にとってはなかなかに難しい制度です。

だからこそ必要なのが司法書士で、本来の申請者に代わって登記に精通した司法書士が申請手続を行うというわけです。

依頼者から相談を受けた司法書士は、それぞれの事情を正確に把握し、法律などに照らしながら必要な登記を判断していきます。
依頼者本人が申請するならばしかるべきアドバイスや書類作成を、委任状をもらった上で手続を任されたのなら証明書類を揃えて登録手続の代理を行います。

司法書士カテゴリの最新記事