受かる!企業経営理論勉強法

受かる!企業経営理論勉強法

企業経営理論とは

企業経営理論は診断士試験の花形ともいえる試験です。と言うのも、この試験は企業全体の活動について学んでいきます。具体的には、

  • 経営戦略論
  • 組織論
  • マーケティング

が3本柱となっています。この3つはどれも企業の行く末を左右するような非常に大きな要素です。診断士は国家試験唯一の「経営コンサルタント」の資格であり、企業経営理論は「経営コンサルタント」として必ず押さえなければならない理論が目白押しなのです。その為、経営コンサルタントとして独立をお考えの方や、経営者の方などはこの科目を得意科目とする方が非常に多いです。つまり、経営コンサルタントとして重要な理論が目白押しだからこそ、診断士試験においては花形であると言えるのです。

企業経営理論の問題傾向

企業経営理論は先に述べたように、経営コンサルタントとして診断士1次試験では最も重要な科目です。それ故、単なる理論を問題とするのではなく、実際に現実に当てはめた場合にはこの理論はどう適用することが出来るかと言う趣旨の問題が散見されます。もちろん、理論は知っていることが前提です。しかし、フレームワークや理論は知っているだけでは価値がなく、それを現実に適用できて初めて価値が生まれるのです。今や知識や理論は誰もがインターネットで調べて検索する事の出来る時代です。その一歩先を行く経営コンサルタントは、知識や理論を正しく活用する事に価値があるのです。

つまり、企業経営理論は現実と理論の両方を押さえなければなりません。その際には、新聞などを用いながらそれを理論に当てはめてみて考える事が効果的な勉強方法になります。また、いくら診断士試験と言っても、試験は試験です。過去問を分析する事により頻出論点や傾向などを明らかにすることは非常に有効な策です。企業経営理論には問題の出方に癖があり、また、同じ理論が何回も出題されている事があります。過去問の分析により、効率的な勉強を心がけて合格点(60点以上)を確保する為の最短ルートを行くことが企業経営理論の最も重要な対策であると言えます。

最後に

企業経営理論は経営コンサルタントとして非常に重要な科目です。更に、学ぶ事も他の科目よりも幅広く、現実に適用し易いものが多いので非常に楽しく学べます。物事を考え抜く事や世の中を広く知りたいと言う欲求を持っている人は自ずと得意科目になる傾向が強いようです。

↓↓↓中小企業診断士になるメリットとは?↓↓↓

楽しみながら学べる資格の勉強!YouTube資格スクエアチャンネルで試験対策!

中小企業診断士カテゴリの最新記事