2次試験合格後の診断実務とは?

2次試験合格後の診断実務とは?

15日以上の実務従事か実務補習が必要。実務未経験者にとって実務補習はコンサルタントデビューの場

中小企業診断士2次試験を通過した後、中小企業診断士として正式に国家資格として登録をする方法には①実務従事と②実務補習があります。
どちらを選んでも良いのですが、試験案内によるとそれぞれ以下のような要件が必要になります。

【中小企業診断士1次試験案内より】

登録の申請の日前3年以内に第2次試験に合格し、次の①のいずれかの実務に15日以上従事すること、または②のいずれかの実務補習を 15 日以上受講することが必要です。

① 診断・助言業務

2 中小企業基盤整備機構または都道府県等中小企業支援センターが行う窓口相談などの業務
3 中小企業に関する団体が行う中小企業の診断・助言または窓口相談などの業務
4 その他の団体または個人が行う診断・助言または窓口相談などの業務
5 中小企業の振興に関する国際協力などのための海外における業務

 

② 実務補習

1 登録実務補習機関による実務補習
2 中小企業基盤整備機構、都道府県等中小企業支援センターにおける実務補習

 

①の診断・助言業務というのは実務従事と呼ばれ、中小企業の相談やコンサルティングを実際に行うことを指します。
たとえば知り合いの中小企業のコンサルティングを15日間すれば診断士登録要件を満たすことが出来ますし、中小企業の支援機関の職員が中小企業の窓口相談などを行うのも認められています。

一方②の実務補習というのは、登録実務補習機関(中小企業診断協会)が行っている診断実務です。
会社員の方でも参加しやすいよう、土日祝日を中心に日程が組まれています。

実務補習5~6名程度でチームを組み、実習指導員のアドバイスを受けながら診断を進めていく形で行われ、診断士の卵がコンサルタントとしてデビューする場となっています。

実際の中小企業に出向いて診断を進めるため、企業訪問し現場を視察することにより、これまで机上の用語として理解していたものを生きた知識として身に着けていくことが出来るのです。

企業への提案内容は、チームメンバーとディスカッションしながら作成していきます。
人事・労務面での提案、マーケティング・プロモーションに関する提案、活用できそうな中小企業施策も提案に盛り込むため、1次試験・2次試験で磨いてきた知識とスキルを実際の企業の経営改善に役立てることが求められます。

1企業を5日間で診断するため日程的にはなかなか厳しく、場合によっては徹夜に近い状態になることもあります。
チームメンバーと協力しながら懸命にプレゼンテーション資料を作成することになりますが、最終日に経営者にプレゼンした際に褒められれれば、喜びもひとしおでしょう。

3社で合計15日間の実務補習を修了すれば、いよいよ念願の診断士登録となります。

 

↓↓↓中小企業診断士になるメリットとは?↓↓↓

資格取得からプロを目指す!!人生のキャリアアップに資格スクエア!

中小企業診断士カテゴリの最新記事