受かる!財務会計勉強法

受かる!財務会計勉強法

計算問題に苦手意識を持たず、「1度の理解」さえしてしまえば合格点はすぐそこ!

中小企業診断士を受ける人の中で、多くが苦手としている科目の1つが財務会計です。

近年では難易度の変動が激しいこともあり、ここで合格を逃してしまう受験生も少なくありません。

しかし一方で、平均点が低い年度であっても頻出問題が出題されており、確実に得点できる問題があるのも事実です。
過去問を分析し、頻出論点を押さえておくことが合格への近道になるでしょう。

財務会計における頻出問題は、計算問題です。
経営分析やファイナンス、意思決定会計に関する問題では毎年のように計算問題が出されています。

この傾向はずっと変わらないことが予想出来ますが、しかし「数字は苦手!」という固定観念から抜け出せず、結果として苦手意識を持ったまま試験に取り組み点数を取り逃がしてしまう人が多いのです。

診断士試験の計算問題は、決して高度なものではありません。
1次方程式が理解出来れば解けるくらいのレベルですから、中学生程度の数学知識があれば問題ないでしょう。

買い物や仕事など、日常生活で数字を使っているのであれば苦手意識を持つようなものではないのです。

計算問題が苦手意識を持たれやすい理由の1つとして、理屈の理解を避けてしまう、ということが挙げられます。
特にファイナンスでは、勉強を始めた段階では見慣れないような専門用語が登場するため、自分には馴染みがないことだということから取っつきにくい印象を持ってしまうのです。

ですが、実際に覚えることはそれほど多くありません。
通勤しながらでもマスター出来る、1時間の通勤電車の中でテキストを熟読すれば、経営分析・ファイナンス・意思決定会計のすべてを復習出来るでしょう。

大切なのは「1度の理解」なのです。

いったん理解してしまえば、あとは過去問を徹底的に演習するだけで、財務会計は合格点に達するでしょう。

中小企業診断士として活躍するためには、数字を用いて何かを証明するスキルを身につけておくことが大切です。
計算問題だからといって食わず嫌いせず、はじめの一歩である「1度の理解」に向けて進んでみましょう!

↓↓↓中小企業診断士になるメリットとは?↓↓↓

キャリアアップ、独立も夢じゃない!!中小企業診断士、FPその他難関資格対策は資格スクエア!

中小企業診断士カテゴリの最新記事