受かる!運営管理勉強法

受かる!運営管理勉強法

暗記したもの勝ち!テキストの読み込みを積み重ねて、得意分野を作っていこう

中小企業診断士の試験では、運営管理という分野からの出題があります。

ここでは財務会計などのように、知識を応用して事例に当てはめて……などのような計算問題は出題されません。
しかしその分、覚えなくてはならないことが膨大にあるという特徴もあり、また、実際に自分が仕事で工場や店舗などに関わっていない限り実感がわきにくいことも多いため、覚えにくい分野といえるでしょう。

重要なのはやはり、過去問を分析して頻出論点を探ることになります。
どういうわけだか現状、テキストにはあまり出題されない箇所が多く載っているのですが、それらに惑わされず覚えるべき範囲を絞り込みましょう。

とはいうものの、運営管理は暗記事項同様問題数も多いため、過去問を隅から隅までチェックしていたら時間がかかります。
もしも試験直前などで時間がないという場合には、予備校などの教科書の巻末にまとめられた出題実績を頼りに、どの部分がどのくらい出題されたのかを把握しつつ、出題傾向が高い順に勉強していけばよいでしょう。

一方、時間がある場合にはまず、どんな理論があるのか、どんな手法があるのかということを一通り見てみることが有効です。
「今日は1~20Pまでやったから、明日は復習をかねて1~30Pをやろう」というように、書き込みをしながら教科書を少しずつ進めていくと全体像を捉えることが出来るでしょう。

運営管理は他の分野と比べて出題の偏りがなく、まんべんなく出題される傾向がありますから、得意分野を作ることが得点アップのカギになります。
そのためには少しずつ重複部分を作りながらテキストを読み進め、終わった分野を得意分野にしていくことが必要です。

覚えるまではテキストの読み込みにも時間がかかるでしょうが、ある程度覚えてからであればサクサク復習することが可能になるでしょう。
効率の良い暗記術を見つけ、より多くのことを覚えていきましょう。

運営管理は「暗記したもの勝ち」と言われる分野です。

暗記ばかりだと勉強は単調なものになりがちですが、自分の職場でどう適用するかということなどを考えながら、身近に感じられるよう取り組んでいきましょう。

↓↓↓最初は大雑把で良い!効率的な暗記方法を鬼頭さんが紹介しています!↓↓↓

効率的に資格を取りたい!受かるための勉強方法!資格スクエアチャンネル!

↓↓中小企業診断士になるメリットとは?↓↓↓

キャリアアップ、独立も夢じゃない!!中小企業診断士、FPその他難関資格対策は資格スクエア!

中小企業診断士カテゴリの最新記事