平成26年度中小企業診断士試験企業経営理論講評・解説①

平成26年度中小企業診断士試験企業経営理論講評・解説①

平成26年度企業経営理論は例年通りの難易度となりました。企業経営理論は比較的難易度のボラティリティが低い科目です。さて、では平成26年度の企業経営理論で絶対に取っておきたい問題を解説して行きます。
 

問1市場の成熟期に関する問題

企業のライフサイクルに応じた戦略を問う問題でした。

企業のライフサイクルは、
導入期:製品を市場に導入した初期段階で認知度や需要が低い時期
成長期:製品の認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる時期
成熟期:成長期に比べると売上の成長が鈍化し、業界内でシェアの奪い合いとなる時期
衰退期:消費者のニーズが減退し、企業としては撤退を検討する時期
の4つに分かれます。本問題では、上記の内成熟期の戦略について問われました。

 

問2競争状態に影響を及ぼす産業構造要因に関する問題

 

問3撤退障壁に関する問題

 

問4MBIに関する問題

 

問5シナジー効果について

 

問6PPMに関する問題

 

問7規模の経済と経験曲線に関する問題

 

 

中小企業診断士カテゴリの最新記事