企業経営理論編の点数を伸ばすには?

企業経営理論編の点数を伸ばすには?

過去問に徹底して取り組むことで、合格ラインまで点数を伸ばすことが可能に

中小企業診断士試験では、企業経営理論が出題科目の1つになっています。

この科目ではよく「勉強時間を十分確保しているはずなのに、思うように点数が伸びない」という悩みが持たれます。
試験勉強ではありがちな悩みではありますが、なぜ企業経営理論でこうした声が多いのでしょうか。

これに対する答えとしては「単純に勉強時間がもっと必要」か「勉強方法が非効率的」の2つのどちらかだと思います。

勉強というのは時間だけで結果が決まるものではなく、同じ力を得るために100時間かかる人と1時間で終わる人、どちらも存在するものです。
その上で勉強時間が足りていないというのは、テキストベースの知識が足りていないということになります。

同じ分野を繰り返し学習して、暗記効率を向上させることによってこの問題は解決出来るでしょう。

対して、勉強量に結果が伴っていない後者の問題ですが、これは過去問を用いた学習が出来ていないことが原因であるのがほとんどです。
診断士試験において過去問は究極のテキストですから、過去問を利用しない勉強は効率面から見て最悪なレベルといえます。

過去問を解いたらすぐに答えと照ら合わせ、間違った部分やわからなかった箇所をノートにまとめ、そこを重点的に復習していくというスタイルをとりましょう。

過去問を制する者は診断士試験を制すると言われるほど、過去問の徹底は合格に繋がります。
特に企業経営理論は専門用語が多く、問題文や選択肢を読むのにも慣れが必要ですが、過去問の取り組みを重ねていくことでスムーズに解けるようになるでしょう。

頻出論点や傾向を掴むことが、効率よく学習を進めるカギなのです。

中小企業診断士カテゴリの最新記事