1次試験の経済学・経済政策は何が出題される?

1次試験の経済学・経済政策は何が出題される?

実は少ない暗記事項、最初は辛くても1度しっかり覚えてしまえば得意科目にもなる

中小企業診断士試験において、経済学・経済政策は企業を取り巻く外部環境要因となっている経済環境を理解するための科目です。

一般的に、大学で経済学を学んでいた人や金融機関にお勤めの方はそれなりになじみがある方も多いでしょう。
しかし、そうでない方はほとんど触れた事のない科目であり、診断士試験では経済学は初めてと言う人もかなり多いです。

経済学・経済政策は大きくミクロ経済学マクロ経済学に分けられます。

ミクロ経済学は今後の消費者や企業の経済活動の状況を理論的に考えていくもので、市場メカニズムや消費者行動と需要曲線、企業行動と供給曲線などが出題範囲となります。
現実に結びつけられるためマクロ経済学に比べて比較的理解しやすいですが、消費者の行動や企業の行動を対象にしているとはいってもやはり理論は理論なので現実とは異なる点も多いです。

ミクロ経済学は価格と量の2軸で物事を考えていきます。
価格が低い方が消費者は欲しがりますが、企業からすれば価格が高い方がよいでしょう。

この折り合いをつけるのがミクロ経済学です。

ミクロ経済学では純粋な理論を学び、様々な事をモデル化して行きます。
グラフを読み解いていくにあたって外部不経済などが困難になるようですが、実際には一つ一つ積み重ねて理解していけばそれ程大きな壁にはなりません。

一方、マクロ経済学は各種の経済指標や国の経済・金融政策をテーマにしています。
為替なども含まれるため、円高が叫ばれた平成不況においてどうして円高が良くないのかと言ったことは当然理解できるようになるでしょう。

今まで国が行ってきた各種金融政策・財政政策についても、どの様なことを意図しているのかが理解できるようになります。
新聞などを読む上で、どの国がどんな動きをしているか理解できるようになるため、世界の金融情勢により詳しくなれる素養が備わるでしょう。

ミクロ経済学より馴染みが薄い分野の為、あまり得意としている方は少ないようです。
ただし、試験の出方としてはミクロ経済学よりマクロ経済学の方が基礎的な問題が出やすい傾向があります。

経済学・経済政策は基本的に多くの受験生が苦手としています。
しかし暗記事項は非常に少なく、しっかりと理解することが出来れば伸びが早い科目です。

勉強を始めて最初は辛くても1度理解すれば復習にあまり手間がかからないため、諦めずに取り組みましょう。
 

中小企業診断士カテゴリの最新記事