診断士試験の受験期間に日記をつける意味とは?

診断士試験の受験期間に日記をつける意味とは?

勉強と仕事を両立させるため、自己管理ツールとしての日記はとても有効

中小企業診断士試験を、仕事を続けながら受験するにあたって重要になるのは、勉強時間の確保効率的な学習です。

しかしもう1つ、「計画的な勉強」も欠かせないでしょう。

仕事をしつつ診断士試験の勉強をするというのは容易ではなく、自分がどれくらい勉強してどの程度の点数を取るのか、という目星をつけなくてはいけません。
そしてそれを、実際の勉強計画へブレークダウンすることで効率の良い学習が可能になるのです。

ここで忘れてはいけないのは、計画を立てるだけでなく、その計画と実際の進捗をすり合わせて調整していくというプロセスです。
これを怠ってしまうと、気が付いたときには計画と全く違う現実に陥っていてせっかく立てた計画が無駄になる、などということもあり得ます。

こういったことは、仕事においても同じでしょう。
たとえば1週間以内のズレであれば、予測不可能とはいえまだ取返しがつきますし、次の週でどうにか調整してトラブルを抑えることが可能です。

しかし、それを後手後手に回してどんどん引き延ばしてしまうと、結果的に大きな乖離が生じてトラブル勃発となってしまうのです。

そうならないためには、計画を見直し自己管理を徹底することが必要です。

いわゆる「PDCAサイクル」におけるP(計画)とD(実行)だけでなく、C(評価)とA(改善)もしっかりやらなければならないのです。

診断士試験の受験勉強において、自己管理をするには日記を付けるとよいでしょう。
計画通りに勉強が進んでいるかを確認し、もし計画と違っていたらその旨を記し、同じミスをしないようにすると同時にそのミスをどこで取り返すかを計画に再度組み込むのです。

1日ごとにローリングプランを立てるスキルは、診断士としても持っておくべきです。

自らを日記によって徹底的に管理することによって、より計画的に、より確実に合格へ近づけます。
授業というスケジュールが与えられていない独学の人は、特に日記の必要があるでしょう。

自己管理のための日記は、かなり大きな存在になると思います。

中小企業診断士カテゴリの最新記事