社労士試験の受験資格について

社労士試験の受験資格について
社労士試験の受験資格について

【目次】

①学歴

②実務経験

③国家資格

最後に

 

社会保険労務士(以下社労士)の試験を受けるためには、①学歴②実務経験③国家資格のいずれかの条件が必要になります。まずは皆さんがどの受験資格を満たしているかをチェックしましょう。

以下の説明はいずれも概略になります。詳細は社会保険労務士試験オフィシャルサイトで必ず確認をしてください。

 

①学歴

一般的な大学、短大、高専学校を卒業しているのであれば、資格としては問題ありません。

4年制大学中退あるいは在学中でも、卒業認定単位(各学校によって異なります)を62単位以上取得していれば受験資格があります。ご自分の大学に履修状況を確認しておきましょう。

また、専門学校の卒業者は、受験資格がある場合と無い場合があります。ご自分がどちらにあたるかは、オフィシャルサイトで確認をしてください。

 

中卒・高卒の方は残念ながら学歴としては受験資格がありません。学歴の代わりに②か③の資格を満たしている必要があります。

 

②実務経験

社労士の事務所や法人で3年以上補助をされていた方は受験資格があります。学歴で受験資格を満たさない場合、まずはこちらで実務経験を積むのが一般的です。

社労士事務所以外でも、公務員や独立行政法人、労働組合などで労働社会保険諸法令に関した実務を3年以上行っている方は受験資格があります。

 

学歴では受験資格を満たしていなくても、実務を行っていく中で資格取得を目指すようになったという方は、こちらにあたることになります。

 

③国家資格

上記2つの資格を満たさずに受験資格を得ようとするとこちらになります。①を満たしていない場合、②で受験資格を得ようとすると、仕事を見つけて、かつそこから最低でも3年かかることになり、時間がかかってしまいます。時間的な近道としてはこの③の方法になります。しかし、楽な道ではありません。

どのような国家資格が必要かということは、オフィシャルサイトをご確認いただきたいのですが、どれも社労士並みに難しい資格がほとんどです。この方法で受験資格を得ようとするのは、相当な覚悟がいることになります。

 

一方で、資格を複数持っていると、特に開業したときに顧客へのアプローチ方法が増えることになります。特に行政書士は社労士と相性の良い資格であり、かつ中卒・高卒の方でも受験可能です。最初から開業を目指しているのであれば、思い切って先に行政書士試験にチャレンジしてみるというのも一つの手かもしれません。

 

最後に

試験を受けるためには、当然ながら、これらの受験資格を持っていることを証明する必要があります。証明書によっては、すぐに発行できない可能性もあります。せっかく受験資格があるのに、証明書の発行が締め切りに間に合わなければ、1年も試験を受けることを待たなければいけません。試験の申込みは締め切り前に余裕をもって行いましょう。

 

社会保険労務士カテゴリの最新記事