社労士の業務について

社労士の業務について

1 社労士の業務

社労士業務には「1号業務」「2号業務」「3号業務」とあり、これは社労士法2条において規定されています。

(1)1号業務

1号業務とは行政機関への申請書・届出書・報告書などの作成とこれらの書類の手続代行・事務代理、労働者と使用者間の紛争解決手続の代理のことです。

顧客である企業から要請を受け、経営者の代理として、雇用や支店の新設などをはじめとした届出書を作成し、行政機関への提出まで代行します。

事務代行を行うこともできます。

(2)2号業務

2号業務とは労働や社会保険に関する法令に基づく帳簿解決手続の代理のことで、企業に義務付けられた帳簿書類作成の上で、社労士の業務範囲となる各労働法、社会保険法に関連した書類の作成を行なうことです。

もちろん、財務諸表など、独占業務外の書類まで包括的に引き受けることもできます。

企業にとって、絶対に必要になる領域に独占業務を持っている社労士は、企業と長く、深く付き合うことになるため、包括的に業務を引き受けられる可能性があるのです。

(3)3号業務

3号業務とは労務管理やその他労働、社会保険に関する事項について相談に応じ、指導をすることです。

企業活動の3本柱である「人」「金」「モノ」のうち、特に「人」に携るのが社労士の務めですから、企業の労働管理、人事等に関する相談と指導、すなわちコンサルティングを行います。

採用から、賃金、研修・人事の評価制度、などを通じて、企業と労働者を結び、よりやりがいのある環境を提供するために働くことができるのです。

2 社労士の業務の特徴

1・2号業務は社会保険労務士の独占業務(社会保険労務士法によって定められた社会保険労務士にしか行なえない業務)ですが、3号業務は独占業務ではありません。

そのため、3号業務というのは社会保険労務士業において「その他業務」というような意味合いを持つとも言えますが、1・2号業務が独占業務である以上、付き合いのある信頼できる専門家に色々と相談に乗ってもらいたいと考えるのが人の常です。

「人」という資産を通じてどのように企業が良くなっていくか、また、資産である「人」にどのように幸せを与えることができるかという相談に乗ること(相談業務)が、特にこれからの社会保険労務士の業務において重要なものになってくることは間違いないでしょう。

「人」というものは、「カネ」、「モノ」以上に流動的なものですから責任も重大ですが、やりがいを感じて働く方が多いことも社会保険労務士の特長です。

↓↓↓社会保険労務士 田口慎哉さんが分かりやすく社労士の仕事を説明しています↓↓↓

社労士、弁理士、司法書士等、プロの講師による特別講座!資格スクエアチャンネル!

社会保険労務士カテゴリの最新記事