社労士(社会保険労務士)の資格を活かして、フリーランスとして生きる道

社労士(社会保険労務士)の資格を活かして、フリーランスとして生きる道


社労士(社会保険労務士)資格があれば、フリーランスとして働く道を切り開くこともできます。フリーランスとは、簡単にいうと、会社などの組織に所属するのではなく、個人で独立して仕事をする働き方です。会社を辞めて、個人で独立・開業した社労士も、フリーランスといえるでしょう。

ただし、本記事は、社労士として独立・開業し、個人事業主になることをテーマにしていません。社労士の資格取得者が、社労士にはならず、フリーランスとして働くことについて、ご説明していきます。

1. 社労士(社会保険労務士)にならなくても、社労士の資格は活かせる

社労士(社会保険労務士)の資格を取ったからといって、誰もが社労士になるとはかぎりません。

社労士になるためには、登録要件を満たしたうえで、各都道府県にある社労士会に、登録・入会する必要があります。そして、社労士会に登録・入会するには、登録免許税・登録手数料・入会金・年会費など、必要なお金を払わなくてはいけません。都道府県社労士会によって、必要な金額は異なります。

でも、どこの都道府県の社労士会であれ、年間で万単位の出費を覚悟しなくてはいけません。となると、当然、考えることになるでしょう。「そんなにしてまで、社労士になる必要はあるのか?」と。

社労士にならなくても、社労士の資格を活かして、フリーランスで働くことはできるのです。

2. 社労士(社会保険労務士)の資格を活かせるフリーランス

さて、せっかく取った社労士(社会保険労務士)の資格を活かしてフリーランスで働くには、どんな仕事があるのか。下記に、仕事の一例を挙げてみました。

(1)Webライター

社労士(社会保険労務士)の試験勉強は、労働基準法から国民年金法まで、広範囲におよびます。

社労士試験勉強を通して得た知識を活用して、インターネット上に公開される記事を執筆するのが、Webライターの仕事です。記事には、雇用保険の助成金制度について、給与明細の見方について、社会保険の加入要件について、など、さまざまなテーマが想定されます。

Webライターの仕事を探す方法として、手っ取り早いのは、やはりインターネット検索です。クラウドソーシングのサイトを利用してみるのも、良いでしょう。クラウドソーシングのサイトに、社労士の資格取得者として登録しておけば、クライアントから仕事のオファーが来ることもあります。

(2)社労士(社会保険労務士)試験の講師

社労士(社会保険労務士)は難関国家資格ですから、独学での合格は難しいでしょう。現に、社労士の試験対策講座を扱っている資格予備校・通信講座は、世の中にたくさんあります。つまり、それだけ、社労士の試験について教えられる講師が求められているのです。

残念ながら、資格予備校・通信講座が、いつでも講師の募集をしているとはかぎりません。Webライターにくらべれば、社労士試験の講師は、狭き門と言わざるを得ないでしょう。

しかし、いざ仕事が決まれば、Webライターより社労士試験の講師のほうが、まとまった金額の報酬が得られるでしょう。講師の経験を積んだり、人気を集めたりすることで、報酬アップも期待できるはずです。

(3)企業向けのセミナー講師

社労士(社会保険労務士)事務所には、いろいろな社内研修やセミナーを引き受けているところがあります。社労士事務所に就職するのではなく、フリーランスのセミナー講師として、社労士事務所と個別契約をする、ということもできるでしょう。

セミナーには、たとえば、新入社員を対象にした労働法についてのセミナーや、管理職を対象にしたパワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメントについてのセミナーなどがあります。

元会社員の社労士の資格取得者なら、事業主と労働者、どちらの立場にも理解を示しやすいのではないでしょうか。会社員の経験があるのなら、社労士資格とあわせて、活用しない手はありません。

3. フリーランスはますます増えそう

働き方改革の影響からか、フリーランスという働き方が、クローズアップされるようになりました。また、副業の解禁や推進も、いくつもの企業で広まりつつあります。

会社員という本業を持ったまま、副業でフリーランスとして働くチャンスは、今後ますます増えていくでしょう。

フリーランスになるために、いきなり会社を辞める必要はありません。社労士(社会保険労務士)の資格取得者も、まずは、副業でフリーランスをスタートしてみてはいかがでしょう。

社会保険労務士カテゴリの最新記事