社会保険労務士とは

社会保険労務士とは
社会保険労務士とは

 

社会保険労務士

社会保険労務士は労働や社会保険に関するプロです。
その名の通り、社会保険及び労務に関する法のプロとして幅広い人たちと接することが出来る仕事です。

労働、社会保険に関係する法令を取り扱い、企業やその経営者、また、労働者からも相談を受けて、会社の発展やより良い労務関係、更に年金など社会保険の相談役として市民生活の向上にも携ることになります。

例えば、学生の方がアルバイト中に怪我をしてしまった場合の手当について個人から相談を受けるとか、企業が社員の給料をあげる場合の申請書類の準備について、企業から相談を受けるなどの相談業務はもちろん、企業に対して、コンサルタントとして労働者の権利を守るように要請もしますし、企業に対し、コンプライアンス面からこのままだとどういったことが起こりうるかというようなことをアドバイスしたりもします。

昭和43年に社会保険労務士法によって国家資格として法律化された社会保険労務士ですが、近年の経済成長に伴って労働者への保障、福祉の制度も拡大し、企業・労働者の代理として双方の権利を最大限生かしていくという役割を担い、昨今注目を集めています。

社会保険労務士の仕事とは

社会保険労務士の業務範囲は非常に広く、会社の「人」に関わる業務のほぼすべてに関わることができます。
このことは、数ある国家資格の中でも、他にはない大きな特長です

大企業であれば、法令に定められた【労働・社会保険にまつわる業務】のみを行う場合もあるかと思いますが、中小企業になると、社労士そのものが企業の人事部ともいえる立場になります。
企業の一員として社員の採用から退職、各保険の諸手続を行います。
会社の設立や法改正への対応として、就業規則の策定・改定、届出などを行ってより働きやすく、あいまいな基準に困ってしまうことの無い会社の体制を作ります。そして、人事制度や、賃金制度の相談を受けてアドバイスを行うといったことも行います。

企業の業種や規模、特長、理念、立地、歴史、すべてを一定以上に理解しなくては対応できない部分も多いため、一つの企業に密に関わることになります。
法律的な解決を目指すことを至上命題としない為、血の通った、温度のある付き合いをすることが出来るといえるでしょう。
「人」に関わることはすばらしいことです。社会保険労務士は経営者、労働者と一緒になって、より良い企業を目指していく為の礎となることが出来る仕事なのです!

↓↓↓社会保険労務士 田口慎哉さんから学ぶ社労士講座↓↓↓

動画学習で法務のプロになれる!!YouTubeの資格スクエアチャンネル!

社会保険労務士カテゴリの最新記事