社労士講座の特徴について

社労士講座の特徴について
社労士講座の特徴について

 

社労士試験と資格スクエア

難関資格とされている社労士試験の合格率は毎年7パーセント台で推移しており、かなりの高倍率です。

社労士資格を取った後は社労士事務所で経験をつむか、それまでの人脈を生かして独立開業をするか、という方が殆どですが、女性の活躍も近年目立っています。
業務範囲が広い為、一分野に特化し、手を広げすぎずに特定の仕事のみを請けることで家事との両立を立派に成し遂げている方も大勢おり、今後ますます注目の国家資格なのです。

このように資格取得後のビジョンは人それぞれであり、社労士試験そのものは満点合格をしたから、初年度から大量に仕事を受注できるという意味合いのものではありません。

資格試験そのものはあくまで入り口であり、最短で合格をすることが最大の目標です。

隅から隅まで大量の時間をかけて解説講義を行なってきた従来予備校に対して、資格スクエアは

授業の復習をし、過去問を解くプロセスをもっと大切にしてほしい時間の無い方でも最短で合格してほしい

という考えから、ポイントを押さえた講義で、効率の良い学習をすることを手助けしています。

試験範囲の全てを長大な時間をかけて講義し、その講義についていく為に膨大な時間とお金を使った方のみが合格する、という従来のスタイルは、ウェブ全盛期の今こそ、見直されるべきです。

資格スクエアの社労士講座の3つの特長

①予備校で10年以上のキャリアを誇る現役社労士の講義

講師の田口先生は大手予備校で10年以上のキャリアを持つ有名講師です。わずか4ヵ月の学習期間で一発合格を果たしたノウハウに基づき、「出るところ」を意識したメリハリのある講義を展開しています。講義では、具体例を用い理由付けを加え、講師に最も要求される「わかりやすさ」を常に重視しています。初学者、学習経験者、いずれの方々にも対応できる講義で、今まで多くの受講生の皆さんからご支持を頂き、多くの合格者を生み出してきました。

②1単元の講義を1時間程度と短くし、通学の手間を省いてより復習や問題演習に時間を割ける学習スタイルの提案

1回の講義を1時間程度に設定し、時間の無い方でも復習、問題演習を行う時間を取れるようなシステムを採っています。通勤、通学の時間中に講義を聞き、帰宅後に復習、問題演習を行なうようなルーティーンも作りやすい時間設定です。
また、講義は何度でも見返せるので、特定の分野で躓いたまま、ということもありません。

③従来の資格予備校に比べて、大幅に授業料を削減し、圧倒的低価格で講義を提供

資格スクエアは、月額課金という新しい課金形態をとり、受験を志す方のペースに合わせた学習が可能です。
また、オンライン専業という形をとることで、固定費を可能な限りカットして、今までに無い価格帯での講義を提供することに成功しました。従来の数分の1という価格は、予備校選びの際には却って違和感があるかも知れませんが、そのような安い価格でも十分に質のよい講義を提供することは可能です。

無料会員登録のみで本講義の第一回目の視聴も可能です、是非お試しください。

↓↓↓資格スクエア社会保険労務士講師 田口慎哉さんについてはこちら!↓↓↓

動画学習で法務のプロになれる!!YouTubeの資格スクエアチャンネル!

社会保険労務士カテゴリの最新記事