社会保険労務士(社労士)の顧客へのアプローチ方法は?

社会保険労務士(社労士)の顧客へのアプローチ方法は?


社会保険労務士(社労士)にもいろいろなタイプの方がいます。
特に開業する場合、漠然と社労士を名乗っても仕事が来るほど甘くはありません。どの社労士も自分の強みを活かして顧客にアプローチをしています。では、どんな強みを活かしているのでしょうか?

1 業種で絞る

例えば、業種で絞るというのが一つの方法です。

建設業の場合、労働安全衛生法の扱いなどで独特な業務を行っていることが多く、専門性が高くなります。派遣業や病院など、労働基準法以外の法律に精通する必要がある業種だと、専門性を高めることで受注がしやすくなります。

会社で人事総務系の仕事をされていた方が開業をする場合、ご自身がいた会社の業種で顧客のターゲットを絞るケースが多いように思えます。

2 業務で絞る

業務で絞るという方法がある場合もあります。

就業規則作成、労務相談、助成金、人事管理といった分野で得意とする分野を決めることで、その悩みを持つ顧客にアプローチをいていきます。コンサルティング会社などで経験を積んだ方の場合は業務に絞ったアピールをするケースが多いです。

社労士は基本的にBtoB、つまり法人相手のビジネスですが、障害年金を取り扱う場合はBtoC、つまり個人が相手になります。ターゲットが違うため、一般的な社労士だと個人に対しての営業はしづらいので、障害年金を専門に個人にアプローチしている社労士もいます。

他にも会社規模でターゲットを決めている社労士もいれば、講演や執筆をメインに活動をしている方もいます。

3 専門性を高める

共通して言えることは、どの方も専門性を高めるべく努力をしているということです。

社労士会では様々な自主的な研修会・勉強会が毎日のように行われています。私もいろいろな会に出席をさせていただきましたが、どの会に出ても刺激になることが多く、同時に自分の勉強不足を思い知らされます。

最初から強みなんてないとおっしゃる方もいるかもれません。しかし、強みのない社労士に仕事は来ません。ご自身の経験で強みになることがないか自己分析することが大事ですし、それでもないと言うのなら、今からでも意識して強みをこれから作っていきましょう。物事を突き詰めたいという探求心と、社労士として成功したいという情熱があれば、それは作れるはずです。

4 おわりに

皆さんは社労士になった後、どのようなアプローチをしますか?

上に挙げた以外にも、様々なアプローチ方法があります。もしも誰も見つけていない分野を見つけることができたなら、社労士としての成功にグッと近づけるでしょう。

特に開業を目指す方は、その方法を今からイメージしておけば、モチベーションのアップにもつながります。取らぬ狸の皮算用とは言わず、一度、自分の社労士としてのスタイルを考えてみてください。

社会保険労務士カテゴリの最新記事