独学者こそ知るべき!社会保険労務士(社労士)試験対策のテキストの選び方

独学者こそ知るべき!社会保険労務士(社労士)試験対策のテキストの選び方

はじめに
「社労士試験に合格したいなあ・・・でも、仕事を辞めて本格的に受験勉強をするわけにはいかないし、予備校や塾に通う時間的余裕もない・・・」

と思っている方は多いのではないでしょうか?

将来を悩んだ結果、「取り敢えず、まずは独学で勉強を始めてみよう」と思い至る人は少なくありません。

ところが、独学で勉強しようにも、書店には、さまざまな予備校や塾で使用されているテキストや問題集の市販用教材を含め、過去問以外に山のように参考書や問題集があふれています。

まず、どのテキストを利用したら良いのか迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、この記事では、社労士試験受験のために、独学でがんばっている人のために、最適なテキスト選びについて解説します。

1 社労士に独学で挑む際に心がけること

社労士試験の受験勉強を独学で行う場合は、自己のスケジュール管理と勉強の進め方等を自分で決めなければなりません。非常に難しいように思われがちですが、予備校や塾の講義時間に縛られることなく、「自分のライフスタイルに合わせて自由に勉強できる」というメリットもあるのです。

しかし、この自分のライフスタイルにあわせて「自由」に勉強できる、この「自由」とは、全て自己責任、自己管理ができる上での環境です。つまり、あなた自身が、自分でモチベーションを維持して、自分に一定のノルマを課し、スケジュールをこなしていく、自己管理能力が重要になってきます。

仕事に疲れ、クタクタに帰ってきてからの勉強です。社労士試験の受験勉強には、一発合格を目指した場合の勉強時間の相場として、700~1000時間もの膨大な時間が必要とされています。独学の場合、よほどの実務経験による試験に必要な法的知識が既にある人以外は、1~2年で合格を勝ち取るのが一般的です。

社労士試験に1~2年で合格するには、仕事と同様に、毎日の受験勉強を日常化して、効率よく記憶を脳に定着させるために健康的な生活を送る必要も、受験勉強に欠かせない日常の一つとしなければなりません。

▼独学での勉強方法等については、下記の記事を参考にして下さいね!
独学で社労士に合格するための方法を徹底解説!|資格スクエア

2 独学する人の社労士テキストの選び方

(1)あなたに合ったテキストとは?

社労士試験に向けて受験勉強を始めるにあたり、まずは、あなたが使用すべきテキストを書店で購入する必要があります。でも、書店にはたくさんのテキストがあって、どれを選んで良いのか、迷ってしまうでしょう。

厚く詳しいテキストもあれば、薄っぺらいテキストもあり、重要事項100選のようなポイントを絞ったテキストもあります。問題集も千差万別、本当にたくさんあります。予備校や塾で使っているテキストの一部が市販されているのもあります。社労士試験合格者を多数輩出している大手予備校出版のテキストが、何だか良さそうな気もしますよね。

でも、社労士合格者を大勢輩出している大手予備校や塾に通っても、100%合格するわけではありません。合格者を少人数しか輩出しない小さな田舎の塾に通っている人でも合格する人はするのです。実務経験と過去問だけで合格する人もいます。

つまり、テキストが合格させるわけではありません。

横断学習や、ポイント学習などもありますが、まずはオーソドックスに、一通り試験科目の法律の仕組みがどういうものかに触れて、少しずつ法律に慣れ、理解していくことから始めなければなりません。

そのためには、最初はそんなにぶ厚くなく、見やすく、読みやすいテキストを探しましょう。

(2)テキストの正しい使い方

小さな文字で、ぶ厚すぎる難解なテキストから始めると、わかるものもわからなくなってしまい、自信喪失の原因になってしまいます。テキストに不十分な部分は、自分で書き足していけば良いのです。

例えば、あなたが選んだテキストを一通り読んで、過去問を解いてみるとします。多分、全く自力で解けないかもしれません。わからなかったら、答えを見て、解説を読んだらよいのです。その解説が書かれている「解答の根拠」としての判例や条文の解説がどこに書かれているのかを、あなたのテキストで探します。

初めて読むポイントを絞った問題の解説だけ読んでも、応用が利きません。その部分の詳しい解説を、読み慣れたテキストで読んだ方が、一度読んだ文章なので、記憶が定着し、長期記憶となりやすいのです。

しかし、解答の根拠判例があなたのテキストに書かれていなかったとしたら? そんな不安に駆られて、分厚いテキストを選ぶ人も多いでしょう。しかし、それが必ずしも正しいとは限りません。

テキストが不十分なら、あなた自身が、あなたのテキストに過去問の根拠解説を書き込んで、テキストを充実させれば良いのです。根拠の解説部分のポイントだと解答の解説に書いてあるなら、その部分をあなたのテキストで赤線を引く等でポイントだと一目でわかるようにします。過去問を繰り返す度に、テキストの内容が充実していき、あなたを合格に導きます。

ぶ厚すぎるテキストは、問題の根拠に関係ないことが書いてある事もあります。そういう内容は、実務には役立つかも知れませんが、実務ベースのインプットをするより前に、試験に合格することの方が重要です。実務に必要な知識は、試験に合格してから、勉強すれば良いのです。

社労士合格には、試験に出るポイントを全て頭に入れるべく、そのための最低限の知識があれば、あなたは合格できます。自分に合うテキスト、勉強の仕方は人それぞれですが、少なくとも短期合格をした人は、試験に出題される内容以外の余分な知識を持っていない人が多いのです。

(3)長期記憶と経験則の関係

長期記憶とは、人が生きていくために必要な記憶と脳が判断した記憶です。

多くの経験から、失敗を重ね、失敗は「危険」という経験則になります。そして、失敗を乗り越えたり、成功したりしたら、その感激が経験則になります。次に同じ経験をしたときに、成功したときの記憶を思い出して、成功するように動きます。これが経験則、生きていくための長期記憶なのです。

ですから、同じ文章を繰り返し読んで、テキストに新たな情報を書加えていく動作も、経験則(長期記憶)作りに直結するのです。

3 法改正に注意!独学するなら最新テキストを選ぼう

(1)法改正時期のテキスト選びについて

2019年4月から、働き方改革関連法案の大々的な法改正が施行開始されています。それに伴って、法改正に対応した新しいテキストを選ぶようにしましょう。

法改正は、既存の法律が時代にそぐわないから行われるものです。つまり、現行の法律では困る事が出てくるので、法律の方が時代に合わせるというものです。細かい通達や条文はさておき、どういったものになるのかは、国会で議論が始まる時期くらいから、関係各所に漏れ伝わってきます。

法改正で重要なのは、「どこがどう変わるのか?」「何のために、なぜ変わるのか?」を理解していないといけません。なぜなら新しい法改正後の仕組みだけを理解しても、ぶつ切りの知識が追加されるだけで試験に直結したアウトプットができないからです。

逆にいえば、どこがどう変わった、なぜ変わったかをしっかりと理解していれば、何の手続きが必要となり、どういった課題が出てくるか、自然と思いつきます。

法改正前の情報で、一通り知識を入れて、それから、法改正対応のテキストで、どこがどう変わったかの解説を読むと、理解が深くなります。

(2)法改正の問題について

法改正の最もネックとなる部分は過去問演習です。過去問は一切法改正に対応していません。法改正部分の内容は、判例も事例も未来の出来事です。法改正対応問題集という事は、予想問題となるのです。

労働・社会諸法令に関して初心者の人は、過去問を繰り返し、事例を理解しなければ、深い知識を身につけるのは困難です。そのため、法改正を挟んでの試験勉強では、短期間しか法改正対策ができません。

しかし、社労士試験に対応できる予備校や塾、通信講座のテキスト作成スタッフは、現役社労士や大学教授等の事前に情報が入る人々との伝やあらゆる情報網を使って、法改正の内容を入手します。彼らは、自分たちの講座の受験生が時間を無駄にしないために、書籍が販売されるよりも前に、法改正対応テキストを作成して利用しています。それらのテキストは、市販されていないものも多いのです。

したがって、法改正対応には、資格スクエアの講座を利用するのも一つの方法です。資格スクエアの講座は、独学で勉強中の人を最大限バックアップする内容となっています。

4 資格スクエアの社労士講座・テキストのご紹介!

★資格スクエアの社労士合格パック

うかる!社労士 入門ゼミ2019年度版」「うかる!社労士 テキスト&問題集2019年度版」という参考書を利用する、聞き流すオンライン講座です。

徹底したアウトプット専門教材で、問題集もweb上にありますので、スマホさえあればでいつでもどこでも勉強できます。

択一式の場合、「もちろん○」「たぶん○」「たぶん×」「もちろん×」の4択から解答し、あなたの理解度をチェックしてくれて、問題演習の優先順位を決めてくれます。

2回目からは、あなたの理解度に応じて出題してくれるので、自信なく答えた解答でも、「もちろん◯/×」で解答できる記憶の定着へと導いてくれます。

資格スクエアの学習法は、東京大学薬学部教授/脳研究:池谷祐二教授慣習のシステムで、特許を取得しています。

脳研究の権威がお勧めする記憶定着方法で最短合格を勝ち取ってみませんか?

5 まずは書店で手にとってみよう

(1)コピーに惑わされてはいけない~脳との相性を考えよう~

ネット上では「驚異の合格率!」とか「驚異の的中率!」とか、何だか絶対合格しそうな頼もしい言葉が並んでいます。

しかし、その言葉を鵜呑みにしてはなりません。人間関係で相性があるように、あなたの脳とテキストにも相性があります。

(2)横断学習のテキストは必要か?

ここで、筆者の体験談を紹介します。

先述したように、自分のテキストにたくさん書き込んで、自分がわかりやすいテキストを作っていきました。自分が書いた文字を何度も読むことで、経験則を重ねて、長期記憶にしていきました。法律初心者でしたが、アウトプット中心で、テキストに根拠を書き込みながら、半年未満で合格できました。ただし、完全独学ではなく、地元の塾の直前模試講座を5月から受講して、市販のその塾の薄いテキストのみで合格しました。

実は社労士試験当日、試験会場で、隣の受験生が「某大手予備校」の分厚い参考書を何冊も机の上に置いて復習しています。そのテキストの1冊に「横断学習」と書いてあり、「横断学習」という勉強法がある事を初めて知りました。彼が持っていたぶ厚い参考書に驚き、勉強量の違いを思い知って、一気に自信がなくなったのを覚えています。

しかし、合格発表の日、私の受験番号の次の番号(お隣の受験生)はありませんでした

その後、大学で就職課の資格試験の講義の講師をする機会を得て、初めて横断学習がどういうものなのかを知りました。私は、そんな言葉を知りませんでしたが、受験の際に横断学習を自分なりにしていたようです。

横断学習専門の参考書を見なくても、繰り返し問題を解いていれば、共通項や一定の法則は様々な法律に出てきます。法律は、官僚が作ったものです。ですから、作成者の思考のクセや利便性も影響してきます。その結果、様々な法律の共通項等が自然と頭の中に浮かび、横断学習表と似たような表ができてきます。

「点と点が繋がって線になる」とは、松本清張のサスペンス『点と線』の刑事の言葉です。点と点でしかない知識を線にして横断的に複数の記憶に紐付けすることが、横断学習の目的です。横断学習のテキストで教えてもらわなくても、自分で共通項に気付けば良いだけなのです。

筆者は、その共通点を自分で発見していきました。でも、横断学習が必要かどうかの解答にはなりません。あなた自身が、点と点を線につなぐ思考を得意とするか否かを考えましょう。

横断学習は非常に効果的なので、自分で共通項や法則を見つけるのが苦手な人は、インプットを3回ほど繰り返した後、横断学習のテキストに目を通すのはお勧めです。

(3)よく聞く横断学習が何故効果的なのか?

人の脳の経験則(生きていくために必要な知識)は、自分なりにたくさん経験して学んでいきます。人生経験豊富な人の方が、相手の気持ちがわかったり、人の見る目が成熟していたり、リスク管理ができるのはそのためです。

試験も同じです。

たくさんの問題を解いて、自分なりの過去問の解答の根拠を見つけて、テキストを読み直すことで「前に読んだところだ」とか「自分で新しい情報を書加えた」りして、過去問や模試の繰り返しで紐付け知識を増やしていきました。

自分で、法則に気づき、点と点を線にできた記憶は、線にできたときの感動とともに長期記憶として残ります

こうしてできた長期記憶が、この点と点を線にした法則を、想像力を駆使して他場面でも利用する事で、応用力に繋がり、さらなる発見に繋げていくのです。これが人間の進化の源です。しかし、この法則に気付いた人は、周囲の仲間に教えて知識を共有することで、次々と進化していったのです。

このように、横断学習は、応用力の源ともいえるので、自分で見つけてもテキストを使ってもよいのです。あなたの脳と相性の良い「脳が受け入れやすいテキスト」を手にとって、見て、読んで、実感してから、あなたに最適なテキストを決めましょう。各講座のテキストは、そのテキスト作成者が、最適なテキストだと思って自信を持って作成しています。

どのテキストも優秀でしょう。そんな優秀なテキストから、あなたの脳と相性の良いテキストを見つけるのです。そして、あなた自身で、自分のテキストを作っていくのです。そうすることで、横断学習も自然とできていきます。

横断学習は短期合格や応用力には非常に重要です。でも、もしも可能なら、その横断の法則を自分で気付いた方が感動的で、記憶に定着しやすいともいえます。ただし、気付くまでに時間がかかりそうな人、想像力に自信のない人は、初めから横断学習のテキストを使った方が良いかもしれません。

人の脳には、このように、向き不向きがあることも知った上で、あなたの脳にあったテキスト選びの参考にして下さいね。

6 サマリー

いかがだったでしょうか?

独学で社労士試験にチャレンジするには、スケジュールの自己管理と、テキスト選びが最重要だということがご理解頂けたでしょうか。

テキストは、インプットの基本です。資格試験の受験勉強は、アウトプットもインプットも、脳に記憶を定着させるための繰り返しです。脳が拒否するような読みにくいものはお勧めできません。

脳が受け付ける読みやすいテキストは、見た感じの色使いや文字の大きさ、文字の間隔、文章のテンポ、編集の仕方・・・etc.といった、直感的に脳が受け入れやすいものがお勧めなのです。

その脳の受け入れ体勢には、個人差があります。もはやお見合いと同じです。同じ人相手でも、好印象を持つ人もいれば、嫌悪感を持つ人もいるでしょう。お見合いもテキストも、第一印象は非常に重要なのです。

長期記憶として知識を定着するには、繰り返し繰り返し同じ経験をすることです。だからこそ、同じテキストを繰り返すのがお勧めなのです。テキストをあれもこれもと使うのは、あまりお勧めではありません

法改正については、法改正対応テキストを利用して、どこがどう変ったのか、新たな手続きは何が必要なのか、それは何故なのか、あるいは、どんな課題が生じるのか、その対策に何をすべきなのかを理解しなければなりません。

丸覚えではなく、旧法と新法を比較して、法律の仕組みを理解していれば、自ずと、必要な手続きや、生じる課題、その対策は見えてくるわけです。徹底的に法律理解ができたなら、法改正対策は法が施行された後、5月以降でも大丈夫なのです。

実際に労働・社会諸法令の手続きをしている現場では、細かい条例や通達が施行されてから対策を講じる事が多いのです。通達を見て、従業員10人程度の少人数なら数日で対策を講じて実行します。法律の仕組みが理解できていれば、可能なのです。

このことから、法改正対応テキストが発売される12月までは、不安にならず旧法でしっかりと法律の仕組みを理解しておきましょう。その後に、法改正対応テキストで、旧法との違いと対策、手続き、課題等を学習すれば、復習を兼ねて知識が深まります。

しかし、12月以降に勉強を始める人は、時間的都合から法改正対応の新しいテキストを使いましょう。「昔は○○していたが、今は○○」と想像を巡らせて理解するようにしましょう

経験則として長期記憶になりやすいのは、実体験です。想像力を巡らせて、疑似体験したかのように事例を想像して事例ごと記憶するのがお勧めです。根拠のある数字なら根拠も一緒に。

また語呂合わせもお勧めです。

例えば、妊娠女性の産休の場合出産予定日前42日(6週)、出産後56日(8週)ですね。あまり言葉が良くありませんが「42(しに)56(ごろ)」「出産休暇は『しにごろ』」なんて感じで塾で教わりました。赤ちゃんの誕生なのに「死に頃(しにごろ)」なんて縁起でもない、と思ったので、強烈に印象に残り、覚えてしまいました。人は、印象に残ると記憶にも残るのです。

また、自分なりの素朴な疑問も質問等をしてできるだけ解決しましょう。法律の理屈が理解できていないので、素朴な疑問が生じるのです。自分だけでは、質問や相談はできないので、質問に答えてくれる質問サービスが充実した講座の手を借りるのも独学には必要かもしれません。

資格スクエアは、脳研究の権威が監修した特許を取った新しい勉強法なので、社労士試験に必要な知識の長期記憶定着の助けになります。

7 まとめ

  • 独学はスケジュールの自己管理が重要
  • 社労士試験合格のために必要な最低限の知識の記憶定着のために、良質な睡眠と健康管理も受験の必須事項だ
  • 社労士試験の受験勉強時間を日常に取り組み、毎日一定のノルマを課そう
  • 基礎知識の応用は、紐付け理解の横断知識である。法律の仕組み・ルールの共通項が各科目には多数ある
  • 独学する人は、自分にあったテキストの選択が重要である
  • 法改正のテキスト選びは、短期合格を狙う人は、法改正対応テキストを利用しよう
  • 1~2年かけて勉強する人は、9月から11月で旧法の法律の仕組みを理解した上で、法改正対応テキストを読み、自分の理解を復習して、どこがどう変ったのか、新たな手続きの必要性、生じるであろう課題、その対策を考え、法改正対応テキストで答え合わせをしてみよう
  • サイトのテキストを絶賛するコピーに惑わされるな!合格率、的中率お数字に惑わされるな!あなたの脳と相性の良いテキストを見つけよう
  • 脳と相性の良いテキストが、良いテキストで合ってもなくても、長期記憶(経験則)となる繰り返し読む良いテキストは、過去問の解答の根拠を読み返すことで、テキストの不足情報は自分で書加えれば良い
  • テキストは薄く最小限にするのがお勧めだ。受験に必要な知識は最低限の基礎知識に応用力をつけるだけで良い
  • 多すぎる知識は、迷いを生じ、長期不合格の道へあなたを導く可能性もある
  • 資格スクエアの「社労士合格パック」がおすすめ

社会保険労務士カテゴリの最新記事