社会保険労務士(社労士)試験の通信講座はどう選ぶ?選び方とメリットを解説、おすすめ講座もご紹介!

社会保険労務士(社労士)試験の通信講座はどう選ぶ?選び方とメリットを解説、おすすめ講座もご紹介!

人気の国家資格である社労士試験。その対策講座は、近年選ぶのが難しいくらい増えてきています。講座の数が増えると、受験生はそもそもの疑問である「通学が良いのか、それとも通信講座が良いのか」について、より悩むのではないでしょうか。

どちらが良いのかは人によって違います。しかし、まずは両者のメリットについて良く知らなくてはいけないでしょう。

この記事では、通学と通信講座のそれぞれのメリットと通信講座を選ぶ際の注意点、また各通信講座の特徴について詳しく解説していきます。

1 通学か通信講座か

社労士試験の受験勉強はどのように臨むのが正解なのでしょうか。独学という選択肢もありますが、ここではまず、資格予備校に通って講義を受講する「通学」と、家や通勤・通勤途中でも学習が可能な「通信講座」が、それぞれ持つメリットについて考えてみましょう。

(1)通学を選ぶメリット

通学しながらの受験勉強は、主に大手資格予備校の講座に申し込み、教室で時間割通りに講義を受けるスタイルです。大手には、通学と通信講座の両方を運営している学校もあります。

まずは、通学のメリットを挙げていきましょう。

①学習のペースを掴みやすい

通学することの最題のメリットは、学習するペースを作りやすいことです。学校に入ってしまえばなぜか勉強モードにスイッチが入るという経験は、誰にでもあるでしょう。独学や通信講座での学習にはモチベーション維持やペース配分の難しさがある一方、通えば学習モードに入れる通学は、大きな利点を持っています。

デメリットは、時間割が決まっているためどうしても時間の制約を受けてしまうことです。また、教室設備や賃料が受講費用に加算されるため、どうしても割高になってしまいます。

②ライブで聴く迫力がある

講義に”生”の迫力があることも、通学のメリットの1つです。通信の講座映像は事前に収録されて一方的なペースで講義が進みますが、生の講義であれば講師と生徒の相互作用は存在します。講師とともに教室にいるからこそ、伝わってくるものはあるでしょう。

③講師に直接質問できる機会に恵まれる

また、通学には疑問点を講師に直接質問できるメリットがあります。メールで質問する場合、もしこちらの質問の意図が伝わらなければ再度メールし直さなければなりません。しかし、講師に直接質問できれば、質問の意図が伝えやすく一度で問題解決できる可能性が高いです。

④仲間、またはライバルができる

これも通学のメリットです。通学だからといって必ず友達ができるとは限りませんが、受講仲間がいれば少なくとも状況を共有することができます。

例えば、厚生年金保険法や一般常識など難解な科目を学習する時、1人だとくじけそうになってしまうものですが、教室にいる受講生が一様に難しそうにしていれば「大変なのは自分だけではないんだ」と安堵することもできるでしょう。

友達やライバルを作ることができれば、貴重な情報交換をすることもできます。

(2)通信講座を選ぶメリット

次は、通信講座を選ぶメリットについて挙げていきましょう。

①自分のペースで講義を受けられる

通信講座の最大のメリットは、何といっても、自分のペースで学習できることです。好きな時間に好きな場所で、通学と遜色ない講義が受けられることは、通信講座の大きな魅力です。また、家の近くに予備校がなかったり遠かったりというケースもありますが、そのような場合でも通信講座でならしっかりと学習できます。

通信講座の中には、講義配信だけでなく、時間配分の相談にのってくれるフォローシステムを備えた講座もあります(フォーサイトの一部の講座)。また、カウンセリングがカリキュラムに含まれている講座もあります(アガルート)。必要を感じる方はチェックしてみてください。

②通信講座の講師の講義は秀逸

通信講座の講師は1人だけの場合もありますが、これは、1人でも収録して配信すれば全受講生を教えることができるからです。逆をいえば、通信講座の講師とは、全受講生を満足させるに足りる秀逸な講師として、人選に人選を重ねて選び抜かれた逸材であるといえます。

次々章の各講座の紹介では講師も紹介していますが、どの講師も素晴らしい経歴と実力を兼ね備えた方たちです。

③記憶するくらい視聴しつくせる

通信講座の講義は、インターネットで配信された後、ダウンロードして反復学習できるものが多いです(音声だけの場合もあり)。そのため、選りすぐりの講師たちによる秀逸な講義を暗記できるほど繰り返し聴くことができるのです。

④通学よりも安い

通信講座は通学よりも安い価格設定となっています。その理由は次章で解説します。

2 通信講座はなぜ安いのか

通信講座は、おしなべて通学の資格講座よりも価格が安いです。安いということは、内容が劣るのではないかと心配されるかもしれませんが、そんなことはありません。通信講座の価格が安いのには理由があります。

(1)教室の設備費や賃料、講師の人件費が発生しない

学校経営においては、教室賃料や人件費は大きな経費です。駅に近い資格学校の場合、教室の賃料は相当なものになるでしょう。生の講義を毎日提供するとそれに従って賃料や人件費が発生するからです。

通信講座は、この教室賃料と人件費が発生しません。

(2)通学できる大手資格学校の通信講座は割高になる傾向が

通信講座には、通信講座専門で運営されるものと、母体は教室講義を提供する資格学校であるものがあります。

通信講座は基本的に教室の賃料と人件費が発生しませんが、大手資格学校の通信講座の場合は、賃料や人件費などの経費がもともと存在することから、通信講座専門のところよりもどうしても割高になる傾向にあります。

3 おすすめの通信講座

それでは、数ある社労士通信講座の中からおすすめの講座を紹介していきます。

(1)資格スクエア

出典:資格スクエア公式ホームページ

資格スクエアは、運営会社の設立年度が2013年と新しい講座です。同講座は、AIなど最新のIT技術を取り入れた学習システムで、注目を集めています。

まず、過去の出題データを元にAIで本試験の出題を予想する「未来問」は、司法試験と予備試験の予想問題を高確率で的中させたのに続き、社労士試験でも2018年本試験を予測したところ、カテゴリ的中率64%と合格ラインをクリアしました。

このことはNHKやワールドビジネスサテライトなどのメディアに取り上げられ、大きな反響を呼んだのです。また、Web問題集は、自分の理解度が分かるという特許取得の技術を用いています。

質問やノートもデバイスの画面上でおこなえる、スキマ時間を活かした効率的学習を目指す資格スクエア。

合格者のキャッシュバック制度も充実しており、合格後にアンケートに応えるなど諸条件を満たせば、受講料の半額または全額がキャッシュバックされるという、非常にお得な特典を設けているのです。

費用 合格パック 110,000円(税込)

アンケートに協力すると25%オフクーポンが配布され、¥110,000→¥82,500(税込)

合格特典 合格キャッシュバックキャンペーン

応募資格:「2020年社労士合格パック(ロングプラン)」の受講

キャッシュバック条件:

合格体験記・アンケートと合格を証明する書類の提出

キャッシュバック額:

名前と写真の公開(受講料全額)/名前のみ公開(受講料半額)

教材 ・各講義の要点を整理した田口先生オリジナルレジュメ

・「うかる! 社労士 入門ゼミ」「うかる! 社労士 テキスト&問題集」

(最も売れている社労士テキスト)

・社労士試験問題集スマホアプリ

・特典①未来問解説動画、特典②AIが予測した重要講義一覧表

講師 田口 愼哉先生(わずか4か月の学習期間で一発合格を果たす)
講座の特徴 ・スマホ1台で動画を観ながら講義資料を読み、メモを取れる

・合格に必要なことだけ学ぶスリム学習

学校の特徴 運営会社は2013年に設立

新世代の法律系オンライン学習サービス

質問サポート 回数無制限

講座視聴画面に質問ボタン設置

資格スクエア公式ホームページを基に作表

▼資格スクエアの社労士講座はこちら!
【2020年向け】社労士合格パック

(2)ユーキャン

合格者の10人に1人がユーキャンでの受講者という、素晴らしい実績を持つユーキャン。

受講費用も、79,000円とリーズナブルです。「デジタルテキスト」はスマホやタブレットでの学習を可能にし、オプションには教室での受講やCD講義を完備しています。

テキストなど教材は、初心者に寄り添う内容になっています。

費用 社会保険労務士講座

一括払い:79,000円

分割払い:4,980円×16回=総計:79,680円

(税込み・送料ユーキャン負担)

合格特典 なし
教材 メインテキスト10冊+副教材(基本確認ドリル、科目別ガイダンス動画、ガイドブック、過去問攻略集2冊、テーマ別実戦問題集2冊、その他)
講師 基本的に講義動画はオプションサービス
講座の特徴 合格者の約9.8人に1人がユーキャンの受講生

(2017年度の社労士試験の合格者2,613名のうち265名がユーキャンの受講生)

学校の特徴 60年以上にわたり「生涯学習のユーキャン」として資格の通信講座を展開
質問サポート 回数無制限(メール、郵送)

ユーキャン公式ホームページを基に作表

(3)クレアール

「最高の時短学習を目指す」と謳うクレアールは、効率性を徹底的に追及したカリキュラムを持っています。

マルチデバイスでWeb講義を視聴でき、音声と資料のダウンロードをおこなえば反復学習ができます。 質問回数が無制限なのも、特に初学者にとっては心強いですね。

費用 一発ストレート合格パーフェクトコース 192,000円

オプションDVD 10,000円

オプション答練資料 5,000円

合格特典 今年度社労士試験に合格した際は、来年度目標に向けて早期スタートした講座受講料は全額返金
教材 完全合格テキスト(全9冊)、分野別完全過去問題集(全8冊)、横断整理講義テキスト、法改正対策講義テキスト、コンプリーションノート(全3冊)・セルフチェックノート(1冊)、白書対策講義テキスト、公開模試
講師 “年金博士”北村庄吾講師、“答練の達人”斎藤正美講師、岩崎安男講師
講座の特徴 割引の数が豊富

質問回数無制限やセーフティコースのオプションなどサポートが充実

時短と効率性を追及したカリキュラム

Web通信でマルチデバイス学習(映像配信、講義音声DL、資料DL)

学校の特徴 資格受験指導歴50年

最高の時短学習を目指す

・超効率的な学習法「非常識合格法」

・非常識合格法の学習効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」

・Vラーニングシステムによる学習を最も効率的に進める「マルチデバイス対応」

質問サポート 回数無制限(メール・FAX・北村講師のサイトから)

クレアール公式ホームページを基に作表

(4)フォーサイト

フォーサイトの学習プランが目指すのは、合格のための「効率的な学習」です。そして講義映像は、通信講座専用に録画されたクオリティの高い映像であることも自慢です。教室を持たない通信特化型の講座であるため、人件費・設備費などが不要であるというメリットを価格に反映させています。

通信講座の専任講師・加藤光大講師は、ベテランの人気講師。ともに 通信講座を担当する二神大貴講師は、東京大学法学部卒という肩書の持ち主です。

フォーサイトは割引やクーポンの配布をおこなっているため、価格は実質的には10万円以下に収まるようになっています。

費用 バリューセット1 (基礎+過去問講座)              103,600円

バリューセット2 (基礎+過去問+直前対策講座) 152,600円

合格特典 amazonギフトコード最大2000円分プレゼント
教材 フルカラーテキスト、ハイビジョン講義、機能的過去問題集、eラーニング「道場破り®」、合格グッズなど

(バリューセット2には、プラス直前対策テキスト&DVD)

講師 加藤光大専任講師 二神大貴講師
講座の特徴 全国平均4.08倍の合格率を誇る確かな実績
学校の特徴 累計受講者数24万人突破
質問サポート 質問はメールのみで、回数上限はコースにより異なる

規定回数を超える場合は、1回につき税抜500円

フォーサイト公式ホームページを基に作表

(5)スタディング

スタディングの社労士講座がスタートしたのは2019年です。新しい会社らしく、学習スタイルも「スマホ学習」に特化しており、動画講義、テキスト、過去問集、答練、そして模試までもスマホひとつで学習できるスタイルです。紙媒体のテキストはありません。スマホ1台ですべての学習が完結でき、ノートももちろんスマホで取ります。

55,000円という講座の価格は、おそらく業界最安値でしょう。しかし、そこに合格祝い金の10,000円や他のキャンペーンを組み合わせると、更にお得になります。

費用 社労士合格コース 一括¥55,000 (税抜)

社労士総合コース 一括¥75,000 (税抜)

合格特典 合格お祝い金 10,000円
教材 社労士合格コース:基本講座、スマート問題集、セレクト過去問、総まとめ講座

社労士総合コース:基本講座、スマート問題集、セレクト過去問、総まとめ講座、直前対策答練、合格模試

講師 早苗 俊博講師
講座の特徴 2019年に開講されたばかり
学校の特徴 通信講座は2008年10月1日より営業開始

受講者累計50,000人突破

質問サポート 質問への回答サービスは、現在提供していない

スタディング公式ホームページを基に作表

(6)アガルート

2015年に開講したオンラインの資格予備校・アガルートの社労士通信講座で講師を務めるのは、人気ブログやTwitterで多くのフォロワーを誇る大河内満博講師を含め、4人です。大河内講師は大手資格学校にて20年以上の指導実績があるベテラン講師で、分かりやすい講義には定評があります。

アガルートでは紙媒体のオリジナルテキスト配布され、テキストベースで講義動画をWeb視聴しながら学習を進めるスタイルです。

特筆すべきは合格特典です。なんと、合格すると利用料全額返金に加えてお祝い金30,000円が贈呈されるため、実質プラスになってしまう太っ腹な得点を付けています(①合否通知書データ、②合格体験記の提出、③合格者インタビューへの出演が条件)。

質問サポートの回数は無制限で、受講生専門のFacebookグループから質問するというユニークな形態をとります。また、講師による定期カウンセリングで学習進捗のチェックをおこなう点も画期的です。

ホームページによれば、アガルート社労士講座受講生の平成30年度試験の合格率は、約24%と高い数字でした。一般合格率は6.3%ですので、アガルートの合格率は全国平均合格率の3.86倍ということになり、素晴らしい実績です。

費用 社労士試験合格講座(基礎講義&総合講義)   168,000円

社労士試験合格講座(入門総合カリキュラム)  208,000円

社労士試験合格講座(演習総合カリキュラム)  198,000円

※2019年12月28日まで9万円OFFキャンペーン実施中

合格特典 社労士試験合格講座の利用料金全額返金 + 合格お祝い金3万円贈呈
教材 講座オリジナルフルカラーテキスト、講義映像(Web視聴)
講師 人気ブログ、Twitterで有名な大河内満博講師など
講座の特徴 合格率24.3%は、全国平均3.86倍
学校の特徴 2015年に開講したオンラインの資格予備校
質問サポート ・受講生限定のFacebookグループから,何回でも講師に質問できる

・アガルートアカデミー講師による毎月1回の無料定期カウンセリング実施(本カリキュラム受講生限定)

アガルート公式ホームページを基に作表

3 通信講座を選ぶ際の注意点

ここまででお分かりのように、一口に「通信講座」といっても内容や学習スタイルはかなり違います。数ある通信講座の中から自分に合う講座を選択するためには、以下の点に注意しましょう。

(1)自分に合う講座を慎重に選ぶ

スマホで全て完結できるのが良い人もいれば、紙のテキストにたくさん書き込みたい人もいるでしょう。また、初心者と合格まであと一歩だった人では求める教材は違ってきます。合わない講座を選択して後で後悔するのは避けたいものです。

社労士試験は、膨大な範囲が出題される難関国家試験です。迷いなく受験勉強に集中するためにも、通信講座は慎重に選びましょう。

(2)必ず資料請求をする

講座を選択する段階で失敗しないためにも、資料請求は必ずおこないましょう。どの講座も資料請求の段階で、講座の良さを味わえるようにしています。動画講義もチェックできる講座も多くありますので、資料請求をしない手はありませんね。

受講希望者に対する電話やチャットのサポートも、質問されれば講座内容について詳細に答えてくれます。

気になった通信講座があったら、まずは資料請求をおこないましょう。

(3)自分の学習レベルに合わせる

社労士試験の受験者には、様々なレベルの人がいます。一発合格はそもそも考えず2年後3年後の合格を目指している人。十分備えて試験に臨んだのに、足切りに合ってしまい不合格だった人。

このように習得度に違いがあれば、必要となる教材はおのずと違ってきます。

各講座は対象とする学習者を設定しています、初学の人であれば、やはり初心者向けの講座からはじめてしっかりと基礎を固めるべきです。

学習時間がどれくらいあるかによっても合う講座は違ってくるでしょう。手つかずだった範囲が多く残ることのないように、”こなしきれる”教材なのかを見極める視点も必要です。逆に、学習途中で物足りなさを感じてしまうこともないようにしたいものです。

4 サマリー

社労士を目指す人には、働きながら受験勉強する人が多いといわれています。時間がない場合、スキマ時間を活かして効率的に学習できるかが講座選びの焦点となってきます。

この記事では従来のテキストベースの通信講座に合わせて、近年のスマホの普及によって、学習の効率化が更に促進された通信講座も紹介してきました。

あなたの社労士試験対策に最も合う講座を選ぶための、一助になれば幸いです。

5 まとめ

・人気の社労士試験の対策講座が急増しているが、その中にも通学型と通信講座型があり、それぞれにメリットがある

・通学型は、勉強モードに入りやすく質問もおこないやすいなどのメリットがあるが、通信講座には自分のペースで勉強できるという大きなメリットがある

・通信講座が割安なのは、教室を持つ講座に発生する設備費・賃料・人件費がないからである

・通信講座には、紙のテキストがあるものとスマホのみで完結するものがある。基本的には紙のテキストのみで、講義動画はオプションになるものもある

・通信講座を選択する際には、学習スタイルや自分の習得度に合わせることと、必ず資料請求をおこなうことが重要である

社会保険労務士カテゴリの最新記事