未経験でも社労士事務所でパートできる?パートからでも将来性がある社労士事務所勤務について解説

未経験でも社労士事務所でパートできる?パートからでも将来性がある社労士事務所勤務について解説

「社労士 パート」という求人を、ときおり目にしませんか? パートではあるものの社労士として働ける求人であり、社労士を志す人にとっては実務経験が積める職場かもしれないので、いずれにせよ魅力的に映るはずです。これらの求人は「資格・経験不問」であることも多いので、いったいどんな仕事を任されるのか不思議に思うのも当然です。

社労士事務所でのパート職は、様々な意味で実に魅力的です。この記事ではその魅力について、あますところなくお伝えしていきます!

1 社労士としてパートで働くには?

社労士の資格を持つ方の中には、パートでいいから資格を活かして働きたい方もいるでしょう。社労士として希望するような資格を活かせる就職ができなかったので、とりあえずパートからでも働きたい、という場合もあるかもしれません。また、

「社労士資格を持っているが育児などでフルタイム勤務ができない」
「将来社労士資格を取りたいから社労士事務所で勉強したい」

など様々な理由で、社労士事務所でのパートを希望する方がいます。しかしパートとしての入職でも、社労士事務所なら本人次第で仕事をしっかりとまかせてもらえます。

(1)どんな仕事をするの?

社労士事務所にパートとして入職したら、どのような仕事をさせてもらえるのでしょうか?一般的には社労士事務所でのパートであれば、次のような仕事内容に就くようです。

社労士業務 内容 付随して発生する仕事
1号業務 ①書類作成
②提出代行
③事務代理
④紛争解決手続き代理業務
(特定社労士のみ)
労災保険、雇用保険、社会保険(健康保険、厚生年金)の手続き業務
・入退社時の保険加入喪失手続き
・各種書類作成・整理・管理等々
・ハローワークに提出又は電子申請
・郵送
・パソコンへの入力作業
2号業務 帳簿書類作成
※「法定三帳簿」
・労働者名簿
・賃金台帳、出勤簿
・就業規則
※1号業務とは異なり、行政機関等に提出しない書類の作成
※社労士の独占業務ではないが給与計算も請け負う
・勤怠管理を受け取る
・給与計算ソフトに入力
・給与明細や給与一覧をプリントアウト
・給料日前にクライアントに送付
3号業務 相談・仕事
(労務コンサルティング)
社労士の独占業務ではないため、
無資格者やアルバイト・パートでもおこなうことが可能

(2)社労士の3号業務とは?

社労士業務では、上表の1号業務と2号業務が、社労士法が定めるところの独占業務となっています。給与計算も社労士が請け負う大切な業務の一つですが、社労士の独占業務ではありません。詳しく後述しますが、パートでも、これらの専門知識を要する社労士業務の一端を手伝わせてもらえるようです。

3号業務である労務コンサルティングの仕事は、社労士独占業務ではないので、無資格者やパートでも担当可能なのですが、実はとても難易度の高い仕事です。具体的な内容としては、次のような内容をコンサルティングします。

・人事、賃金、労働時間、人材育成に関する相談
・個人からの年金に関する相談
・労働争議に関する相談
・助成金のコンサルティング

これら3号業務は、機械化による自動化ができない業務であり、将来士業も脅かされるといわれるAIの進展には、取って代わられないといわれています。今後、自動化が可能な単純労働は減少の一途を辿ることは明らかですが、3号業務であるコンサルティング業のような、人間のフレキシビリティを活かしたスキルにはまだまだ将来性があります。

パートとはいえ3号業務に補佐として携わることができればラッキーで、良い実務経験を積ませてもらっているといえます。

(3)パートは資格がなくてもできる?

本記事の読者の中には、「社労士事務所で働くのに、社労士資格が無くても大丈夫なの?」と思われた方がいるかもしれません。

結論としては、社労士事務所の代表者が社労士資格を持っていれば、資格がない人が実務を担当しても問題ありません。無資格のパートが、社労士から指示を受けながら社労士事務所で働くことは可能です。しかし、専門職を担当しますので、経験や資格はもちろんあった方が良いです。

2 社労士事務所におけるパート業務

実際に社労士事務所においてパートとして働く場合、どのような業務を任せてもらえるのでしょうか。
具体的な業務内容について解説します。

(1)一般的なパートの業務範囲は?

一般的には、パートは1号業務、2号業務の手続き業務を担当します。その内容は各保険等の手続き業務や給与計算業務なので、はじめは不慣れでも覚えてしまえば、その後は難なくおこなえます。

給与計算や入力・手続き業務は、一般企業に入職しても担当する業務です。分業もおこないやすくマニュアルも作成しやすいため、若手や経験の浅いパートでも十分に業務に対応できるでしょう。1号業務、2号業務の補佐で業務経験を積んでおけば、その後同業者への転職が容易になるのもメリットです。

しかし、3号業務である労務コンサルタントは、社労士独占業務でないからといって簡単には担当できない業務です。労働社会保険諸法令に基づく専門的な知識がなければ、担当できないからです。労務コンサルタントの業務は、クライアントの事情を素早く把握し、最善のソリューションをアドバイスすることでので、パートとして3号業務を担当するのは、難しいでしょう。

(2)パートが担当させてもらえる実際の業務例

2020年4月から、大企業などでは社会・労働保険の電子申請が義務化されました。大企業は多くの従業員を抱えるため、保険手続き業務はアウトソーシングするところも少なくありません。中小企業にもおいても然りです。

アウトソーシングを請け負った社労士事務所では、パートも社会・労働保険の電子申請を担当します。従来は、離職票付の資格喪失届など雇用保険関連の業務は、ハローワークに出向いて届出をおこなっていました。しかし、大企業など一部対象企業において電子申請が義務化されたため、事務所で届け出が完結するようになったのです。

「算定基礎届」とは、4月~6月の3か月間の平均給与額から、被保険者の標準報酬月額を決定するために、7月上旬に年金事務所に届ける書類のことを指します。この手続き業務には、パートも携わります。届け出に対して年金事務所から問い合わせがあれば、パートも調べて返答したりします。この算定基礎届のほかには、新たに設立した会社の労働保険や社会保険の適用手続き、従業員の入退社手続き、労働保険の年度更新などにも携わります。

(3)「経験・資格は、採用の判断材料にしていない」

社労士事務所の求人案件の募集要項をみると、意外にも「未経験者歓迎」の文字が多く見られます。社労士資格どころか、業務経験も問わない求人案件が多いのです。

社労士事務所へ入職した先輩パートの就業体験記を読むと、最初はレターパックの出し方も、切手料金の算定方法も知らなかったという人もいます。実に驚きます。しかし、入職後1年もたつと、社労士ソフトや労務管理ソフトを使いこなせるようになり、ソフト会社のサポートセンターとも対等に話しながら、業務を進めることができるようになります。もちろん、その人の頑張り次第なのは言うまでもありません。

ハローワークや年金事務所に提出する書類の作成についても、非常に強くなるとのことです。

未経験でも多くのパートが勤続でき成長していけるのは、所長である社労士やパートの先輩の仕事の指示内容が、親切丁寧であることにも起因するようです。また、社労士事務所では専門業務を扱うので分からないことにも多く遭遇しますが、何でも聞きやすく、例え間違ってしまってもその報告がしやすい環境であることが多いようです。そのような環境で成長したパートの中には、やがて社労士試験に挑戦し、合格する人も出てきます。

3 社労士事務所のパートに関するよくある質問

これまで、社労士事務所のパートに関する仕事のボリュームや、仕事の難易度についてまとめてきました。社労士事務所へのパート勤務は、専門知識を扱う大変な業務ですが、本人の頑張り次第で得るものが大きいといえます。

最後に、社労士事務所のパートに関するよくある質問について、答えていきましょう。

(1)パートは実務経験として認められる?

ご存知のように、社労士の受験資格には「実務経験」が含まれ、以下の内容がそれに該当します。

・健康保険組合、労働保険事務組合などの役員又は従業員
・公務員など
・社労士、弁護士事務所などの補助者
・労働組合の専従役員、又は法人などの労務担当役員
・その他、法人などの従業者

実務経験には「社労士、弁護士事務所などの補助者」がありますが、これには正社員だけでなくパートも該当するのでしょうか?社労士事務所でのパート経験のある社労士試験受験生には、切実な問題です。

結果的には、事務所の正社員同様にフルタイム勤務しているのであれば問題ないでしょう。しかし、週の労働時間数が正社員と比較するとかなり短い場合は、実務経験としての要件を満たすことは難しいでしょう。また、担当した業務内容が単純な事務作業だと、受験資格とはなりません。対して、労働・社会保険関連の手続きを一任されていた場合は、これを実務経験として社労士試験を受験できます。

実務経験による受験資格の有無に関しては、事前に社労士試験センターに連絡し確認を受けることができますので、不安な方は確認しておきましょう。

(2)社労士事務所の繁忙期は?

先述の算定基礎届や年度更新は、毎年6~7月におこなわれます。この時期が社労士事務所の繁忙期で、最も仕事量が増えます。また、入退社の多い春や年末も、忙しいといえます。

一般的に社労士事務所は求人が少ないのですが、こういった繁忙期の前が最も求人活動が活発におこなわれる時期です。繁忙期を狙って探すと、求人を見つけやすいでしょう。

(3)子育て中の主婦でも働ける?

元々、社労士資格は他の資格と比べて、女性の比率が高いことで知られています。下表は、2018年度「弁護士白書」から抜粋した、各士業における2018年時点の女性の割合についてまとめたものです。

弁護士 18.6% 行政書士 13.7%
弁理士 15.1% 公認会計士 13.9%
税理士 14.8% 社労士 30.1%
司法書士 17.2% 土地家屋調査士 不明

ご覧の通り、社労士における2018年の女性の割合は、30.1%と群を抜いて高く、しかも本資料によるとその割合は増加傾向にあります。このように社労士は女性が活躍できる仕事であるといえ、最近では、女性が働きやすい環境を整備する社労士事務所も多くなってきています。

女性の雇用問題は、日本の労働生産性に関わる問題です。女性の労働者には、いかに能力があり実務経験があっても、出産や子育てといったライフイベントでキャリアを中断しなければならない局面がつきまといます。

働き方改革は、この状況を乗り越え女性の持つ力を最大限に活かそうと、「多様な働き方」の実現を目標の一つに掲げています。近年、子育て中の主婦であっても、パートとして無理のない範囲で働ける社労士事務所が増えています。社労士事務所のパートに興味があるなら、誰でも臆せずに応募できる状況ですので、安心してトライしてみましょう。

4 サマリー

社労士事務所のパートは仕事内容の専門性は高いものの、未経験・無資格者でも歓迎される仕事であるといえます。いざ働き始めると、初めて聞く内容ばかりで戸惑うかもしれませんが、根気よく日々の業務をこなしていけば、あなたも労務の実務者になれます。子育て中などの事情があっても比較的入職しやすいので、興味がある方は条件が合う求人を探してみてください。

5 まとめ

・社労士事務所のパートは、一般的に1号業務と2号業務の補佐を担わせてもらえる。

・内容は各保険等の手続き業務、給与計算業務で、業務経験を積んでおけばその後の同業者への転職は容易になる。

・2020年4月から大企業などでは社会・労働保険の電子申請が義務化され、社労士事務所がこれを請け負いパートも入力作業をおこなう場合もある。

・3号業務・労務コンサルティング事は独占業務ではないので無資格者も担当できるが、とても難易度が高い。

・社労士事務所の代表者が資格を持っていれば、無資格のパートが実務を担当しても良い。

・正社員同様にフルタイム勤務していないと、パートが社労士試験の実務経験の要件を満たすのは難しい。

・女性社労士の割合は群を抜いて高く、女性が働きやすい環境を整備する事務所も多い。

社会保険労務士カテゴリの最新記事