TOEICの重要性

TOEICの重要性

就職活動を望む際に、TOEICを受験される方も多いと思います。就職活動で必要なTOEICの点数なのですが、商社などに対して就職活動をしたいと思われている方は、700点が最低ラインとなるようです。もっとも、大学時代に所属していた部活動で素晴らしい成果をあげたなどの実績がある方は、TOEICの点数が700点以下でなくても内定をとるということもあるようですが、いずれにせよ、入社するまでにTOEICの点数を上げておくことが求められるようです。

TOEICの点数については、商社や外資系企業の志望者の中には、900点を越えている人も多くいるようです。就職活動についてできるだけ時間のあるうちに、できれば就職活動の面接を翌年に控えた年の12月までにTOEICの点数を獲得しておくことをお勧めします。

TOEICの点数については、受験生の多い春や秋などは自己ベストの点が出やすく、逆に本気でTOEICの点数が欲しいと思っている人のみ受験会場に向かいやすい真冬や真夏には点が伸びにくいということが言われているようです。TOEICの得点を高めたい方は、TOEICを受験する時期を調整してみても良いと思います。

ちなみに、韓国で就職活動を行う学生の多くは、TOEICで900点以上のスコアを持っている人が多いようです。韓国では、日本より休学などをする人が多く、また、企業も日本ほど新卒採用に拘らないため、学生の中には一年間TOEICの点数を上げるために休学する学生もいるようです。このような事情がある韓国と日本の状況を一概に比べることはできませんが、近年は韓国や中国の学生が日本企業の選考を受けるようになってきています。なので、これから就職活動に臨む皆さんは、日本人との競争だけでなく、海外の学生との競争も意識していく必要があります。TOEICやTOEFLの平均点は、アジアでは日本は低い方です。みなさんも頑張ってTOEICの点数を高めていきましょう。

ただ、TOEICについては点数も重要なのですが、それを取得するまでのプロセスを企業は見たいようです。なので、TOEICの点数がそれほど高くなくても、努力してそこまで点を伸ばしたという話ができればアピールになるかもしれませんし、TOEICの高得点をもっている方は、その話は一切せずに、部活やバイトを一生懸命頑張ったという話をするだけでも十分なアピールになると思います。

就職対策カテゴリの最新記事