成績の重要性

成績の重要性

企業によっては、採用活動を行う際に採用希望者の成績を聞いて、その結果を、内定を出すか出さないかを決める際に考慮するところがあります。一般に、成績が良い人は、決められた課題に対する取り組むが誠実であるとか、目標の達成力があるなどのプラスの評価を得やすいようです。また、企業によっては、海外の大学や大学院に採用した職員を選抜して派遣しているところもあると思います。特に、欧米の大学や大学院はGPAを重視するということが言われています。将来、海外の大学や大学院に留学したいと思っている方は、大学や大学院の時から良い成績をとれるよう努力していくことをお勧めします。

成績の活用については、以前は特に重視されていなかったようなので、近年の採用活動における変化の一つだと考えることができます。成績については、あくまで評価の一指標となるもので、たとえ成績が多少悪くても、課外活動などで実績をあげていれば、採用される可能性がないとはいえません。しかし、超人気企業になればなるほど、そこに集まる学生は大学の成績も優秀で、部活動や課外活動も頑張ってきたという学生が増える傾向にあるようです。大手コンサルティングファームの内定者の中には、ベンチャー企業など複数の企業でバイトを掛け持ちしながら、大学の成績はほぼ全優で、海外経験も豊富という人もいるようです。人気企業になればなるほど、就職活動時の競争は厳しくなるものです。まだ就職活動まで時間がある方は、学業成績についてもできるだけ良い成績をとっていくことをお勧めします。

また、商社についても、学業成績を大切に考える企業があるようです。留学などの経験がある方は、留学先で良い学業成績を上げたなども、自分のウリとしてアピールすることが可能になるようです。

学業成績については、すぐに上げることが難しいため、計画的に準備しておくことが必要です。また、企業によっては、エントリーシートと並んで学業成績を重視するというところもあるようなので、できるだけ学業成績を上げていくことをお勧めします。近年は、就職活動時期の後ろ倒しなどが行われるようになってきています。そして、これは、学生が学業に集中しやすくなるようにするためという目的を実現するために進められるとも言われています。社会人の方のお話しを伺うと、大学時代にもっと勉強をしておけばよかったという意見を聞くことが度々あります。就職活動で成績が重視されるようになったことを良い機会として、学業にも打ち込むようにしてはいかがでしょうか。

就職対策カテゴリの最新記事