宅建の試験科目より 〜 表見代理と無権代理のどちらで物事を進めるかは、善意無過失の相手方に判断が委ねられる

宅建の試験科目より 〜 表見代理と無権代理のどちらで物事を進めるかは、善意無過失の相手方に判断が委ねられる

宅建試験に出題される民法では、代理について定めています。

1. 表見代理

表見代理は無権代理の一種ですが、

・権限外の行為の表見代理
・代理権消滅後の表見代理
・代理権授与の表示による表見代理

の3つの場合において、相手方が善意無過失であれば有効になります。

代理権を持つ代理人が権限外の行為をしたとしても、相手方がそのような権限であると信じてしまう正当な理由があれば(善意無過失)、契約は有効に成立したと主張することが可能です。これを権限外の行為の表見代理といいます。

代理人の代理権が消滅しているにも関わらず、元代理人が代理行為をした場合、相手方がその消滅を知らず、また知らないことに過失がない善意無過失ならば、契約は有効だと主張できます。これが、代理権消滅後の表見代理です。

代理権授与の表示による表見代理は、たとえばAが土地の売却の代理権をBに与えようとしていて、与えた旨をCに通知していたけれども、まだBに代理権を授与していなかったとします。しかしBがAの代理人を名乗り、善意無過失のCに問いを売った場合にはAC間の契約が成立する、といった場合を指します。

2. 表見代理と無権代理の違い

表見代理と無権代理のどちらで物事を進めるかは、善意無過失の相手方に判断が委ねられています。

表見代理が成立するといっても、その代理行為は権限のない無権代理にすぎず、善意無過失の相手方は表見代理を主張せずに無権代理として、無権代理人に対する履行または損害賠償請求をすることができます。無権代理行為を取り消すことも可能ですし、本人に対する催告もできます。

これを自由選択説と呼びます。

宅建カテゴリの最新記事