宅建試験とは? 〜権利関係14問、法令上の制限8問、宅地建物取引業法20問

宅建試験とは? 〜権利関係14問、法令上の制限8問、宅地建物取引業法20問

宅建試験の出題科目は、大きくわけると権利関係、法令上の制限、宅地建物取引業法、その他の分野の4つにわけることができます。

各科目の出題数は、権利関係が14問、法令上の制限が8問、宅地建物取引業法が20問、その他の分野が8問となっています。

1 合否を分ける「民法」「権利関係」

この中でも、民法や借地借家法が含まれる権利関係が一番の難関で合否を分ける科目となっています。権利関係については、時間をかけて重点的に勉強する必要があるといえるでしょう。

民法については、図を書いて権利関係を整理したり、具体的な問題ごとに自分がこれまでの人生で培った常識を総動員してどちらの当事者を勝たせるべきかを考えたりしていくことで、少しずつ実力がついていく科目です。

そして、民法は多くの受験生が苦手とする科目でもあります。宅建に本気で合格したいという人は、少しでも勉強を早くはじめて民法の対策を行うことをお勧めします。

ただし、試験が残り一カ月が迫っているという場合は、民法の対策に時間を割くのは得策ではありません。その場合は、次にのべる宅地建物取引業法や模試の勉強に集中してみると合格率が高まると思います。

2 「宅地建物取引業法」を得意科目に

宅建試験の中で最も多くの問題が出題される宅地建物取引業法は、宅建試験の中でも最も簡単で満点の目指せる科目だと言われています。そして、この分野からは宅建試験の全50問中の20問が出題されます。

宅建試験は50問中35問に正解すれば合格する試験だと言われています。宅地建物取引業法をしっかりと勉強して得意科目とすることで、合格に向けた各科目の目標点数がぐっと立てやすくなるのです。宅地建物取引業法は宅地建物取引士として日々接することになる法律でもあるため、気合を入れて勉強していきましょう。

3 効率よく勉強時間の短縮を目指す

また、法令上の制限やその他の分野については、基本用語を覚えるなど、暗記中心の学習を行えば確実に得点力が向上する科目です。

宅建は独学でも350時間ほどかければ合格する試験といわれています。予備校に通って効率的に勉強することで、これを100時間ほどに短縮することも可能と言われています。

宅建カテゴリの最新記事