宅建の資格試験に合格しやすい人とは?

宅建の資格試験に合格しやすい人とは?

 宅建は様々な業界で行かせる上に、他の資格と組み合わせることで独立の機会を掴み易い資格です。また、宅建を取得して金融業会に転職してリートの専門家になるなど、将来性もある資格と言えます。

 では、このような宅建に向く人とはどのような人でしょうか?ここでは、宅建に向く人を、宅建の試験勉強に向く人と、宅地建物取引士として働くのに向く人の二つに分けて考えてきたいと思います。

 まず、宅建の資格試験に合格しやすい人とはどのような人でしょうか?宅建は、民法をはじめとして宅建業法など法律の知識が問われる試験であり、試験勉強においては、法律の知識とスキルを学んでいく必要がある試験です。そこで、試験に受かりやすい人は、継続して勉強を続けられることができる人です。法律の勉強は、覚える範囲が膨大で、一気に理解できるというより、何度も同じ範囲を繰り返し勉強する中で勉強している法律の全体像が分かり、理解が高まっていくものです。なので、一気に大量の勉強をするというより、少しずつでも努力を継続していけるというタイプの人が試験に合格しやすいでしょう。ただし、このことは、試験に必ず合格したいという気持ちと、たとえ不合格だとしてもあきらめずに来年も挑戦するという気持ちを持てば誰でもクリアできることです。なので、強い気持ちさえあれば、誰に対しても宅建に合格する機会が開かれているといえます。

 これに加えて、もう一つをあげるなら、様々な経験をしてきた人は宅建の資格に合格しやすいと言えます。なぜなら、法律の勉強では具体的にイメージを働かせることが重要であり、そのイメージの力を支えるのが、自分がこれまでしてきた経験だからです。法律の学習を始めてみると、条文を読むことがあると思うのですが、条文自体なとてもシンプルで抽象的なものです。例えば、宅建でもよく出題される錯誤の条文は「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。(民法95条)」と書かれているにすぎません。この時、例えば、入社する際に考えていた仕事と実際のギャップなどの事例を思い浮かべることができる人は強いと思います。ちなみに、この事例でいうと、自分に重大なミスがあったかが問題になる(民法95条但書)かもしれませんし、会社が嘘の採用PRなどをしていた時は詐欺(民法96条3項)が問題になるかもしれません。いずれにせよ、実社会に出ていろいろな経験をした方や、バイトなどを通していろいろな苦労を経験した方は、法律の勉強をする上で不可欠の想像力と、困っている人に共感する力を自然と育んでいると思います。

 宅建は、年齢や学歴や国籍に関わらず受験でき、合格することができる試験です。あなたがどのような状況にあったとしても、宅建に合格したいと思ったその日から勉強して合格することができる資格試験です。

宅建カテゴリの最新記事